腰痛解消!~自分でできて効果があった方法~

  • LINEで送る
腰痛を解消する方法

僕は学生のとき、警備員のアルバイトをしていました。
当時、僕を悩ませていたのが腰痛です。

立っていても、座っていても
ズキズキ…ズキズキ…
腰に痛みが走ります。

最初はその日中に痛みはなくなっていたので、
「まぁ、いっか!」と放置していました。

放置していると、
次第に痛みの程度も増し、いつまでも残るように…

たまに
ピキーン!!
と頭の先から足の先まで電撃が走り、
「っヴァ~~~」と奇声を発しながら
顔を苦痛に歪めることもありました。

今回はそんな腰痛を解消した方法を紹介していきたいと思います^^

 

僕が腰痛を何とかしたいと思ったのにはいくつか理由があります。

 

とにかく痛い!!

1日中痛み続けるのがとにかく耐えられない。
立っていると、ズキズキ…
痛みに耐えかねて椅子に座ると、痛みが和らぎます。
でも、いつまでも椅子に座っていると、ズキズキ…
少しでも痛みを和らげようと立ち上がる。

このループの繰り返し。

夜寝るときでさえ、ズキズキ…
痛みで寝れなかったり、途中で起きたりしていました。

 

集中できない

ずっと腰が痛み続ける中、集中して作業をするのは難しかったです。

資格を取るために椅子に座って教材を手に取って勉強していると、
ズキズキ…ズキズキ…
腰が痛みだします。

腰にどうしても意識をもっていかれてしまい、
教材を読んでいても、全く頭に入ってきません。

試験間際だったときは、「ヤバイ!」と、本当に焦りました。

 

周囲の何気ない一言

周囲に腰が痛むことを告げると、
まるで恵比寿さんのように満面の笑みを浮かべながら、

「お前、その年齢で腰痛持ちか!」
「おじいちゃんやな!」
「大変やぞ!頑張れ!」

と、笑いながら言われました。
言われる度に、馬鹿にされているような感じがして、
「他人事だからって好き勝手言いやがって」
と腹が立ちました。

 

 

今でも辛いけど、
このまま腰痛を放置していたらどうなるんだろう…
そんなことを考えたこともありました。

 

手術が必要な段階まで悪化

とうとう痛みに耐えかねて病院に行くと、
レントゲン写真を前に、さっきまでニコニコしていた先生が、
笑顔も無く、真剣な面持ちで、
「早急に手術が必要です。ただし100パーセント治るという保証はできません」
と僕に告げる。

僕はうつむき、足元に視線を落としながら、

「手術か…100パーセント治る保証がないって…」

不安や恐怖で頭が真っ白に。

 

日常生活に制限を課せられる

体を動かすことが好きで、
バスケやテニスなどを月1ぐらいしているが、
動く度に痛みが出るので、回数を減らしたり、
できなくなってしまう。

海外旅行に行こうと思っても、
飛行機等、長時間座りっぱなしでの移動は腰に負担がかかる
ということで断念。

「もっとやりたいのに!」
「腰痛さえなければ…」
「あー、イライラする!」
「くそー、指をくわえていることしかできないなんて…」

 

腰痛が原因で何らかの身体的な障害を抱える

下半身に麻痺が出てきて、足が動かなくなってきて、
杖をつきながらでないと歩けなくなってしまう。
腰も曲がってきて、直立できなくなってしまう。
杖を使っても歩けなくなってきて、
車椅子生活を送らなくてはならなくなる。
半身不随となり、足の感覚が一切なくなる。

こんなことが思い浮かんできて、不安でなかなか寝付けなかったこともありました。

 

 

じゃあ、どうなることを望んでいたのかというと、

 

いつまでも活発に活動できる状態

社会人になってからも、

友人:「バスケしよーや」
自分:「ごめん、腰痛いから今日はパス」

より、

友人:「バスケしよーや」
自分:「おう!やろやろー」

の方がいい。

この方が人生楽しく過ごせる。
何より、運動するとスッキリして気持ちいいし、
汗をかいた後のお酒はうまい!!

 

1つのことに集中できる

勉強であれば、30分で覚えられるところを
集中して20分で覚えられる。(10分短縮)
バスケであれば、
シュートを打てば必ず入る!
テニスなら、
ショットが面白いように決まる!

集中することで、上記のようなパフォーマンスを引き出せたら最高!

 

「あいつ、いつまでも元気やなー」みたいなことを言われ続ける

「おじいちゃんか(笑)」とか言われるよりも、
「いつまでもよく動けるなー」「すごいな!」
といったことを言われる方が、気分もいいし、
よっしゃ!もっとやろか!と自分のエネルギー源として
活用することもできます。

 

 

腰痛には様々な原因が挙げられていますが、
僕の場合は、姿勢・筋力不足・血行不良の3つが主な原因でした。
そこで、それらの原因に対する対策を考えました。

 

長時間同じ姿勢を取らない

長時間同じ姿勢を取り続けると、
体の一部分に負荷が集中して良くないそうです。
長時間立ち続けたり、座っていないといけないこともありますが、
人目を盗んでコッソリと体を捻ったり、
立って座ってを繰り返したりといったちょっとした動作でも
一定の効果が期待できると思いました。

 

筋肉トレーニング

腹筋、背筋といった体幹部分を鍛えることで、
背骨や骨盤を支える筋力が増し、
腰に加わっていた負荷を軽減できると思ったからです。
しんどいと続かないだろうということで、
ペースとしては、それぞれ10回5セットずつ2~3日に1度。

 

ストレッチをこまめに行う。

朝起きたときや、夜の風呂上りに腰回りを中心に念入りにストレッチ。
血流を良くして、凝り固まった筋肉をほぐすことができるんじゃないか
という考えから思いつきました。
後から知りましたが、腰痛体操というものもあるそうです。

 

歩く

何分、何キロ歩くという目安はなかったのですが、
歩く量を増やそうと思いました。
筋トレと、適度な運動による血行の改善が期待できると思ったからです。
例えば、
近場のコンビニには原付を使わず徒歩で行く。
エスカレーターは使わず階段で移動。
といったことをすれば歩く量は増えます。

 

 

実際に全部やってみました。

「長時間同じ姿勢を取らない」「ストレッチをこまめに行う」
の2つはすぐに効果を体感できました。

痛みが少しましになり、回復するまでの時間も短くなりました。

「筋力トレーニング」「歩く」

3カ月ぐらいやり続けた結果、全く痛みを感じることがなくなりました。
「長時間同じ姿勢を取らない」「ストレッチをこまめに行う」
だけでは痛みを根絶するに至らなかったので、効果はあったと思っています。

腰痛の悩みから解放されました!

 

 

腰痛には様々な原因があります。
原因によっては逆効果になる恐れもあるそうです。

僕の場合は、原因が姿勢・筋力不足・血行不良だったので、

姿勢  :長時間同じ姿勢を取らない
筋力不足:筋力トレーニング&歩く
血行不良:ストレッチをこまめに行う&歩く

と、自分でできる解消法を考えて実践しました。
僕はこれらを実践したおかげで腰痛を解消することができました。

同じような原因で腰痛持ちの方の参考になれば幸いです。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*