下半身デブを苦労せずに治した物語~がっかり編~

  • LINEで送る
メジャー

私は19才の頃、自分の体形にコンプレックスを持ち始めました。

元々「下半身に脂肪が付きやすいな~」とは思っていましたが、
高校を卒業して少し経った当たりから、私のヒップや太ももはみるみる大きくなっていきました。
自分の意志とは裏腹に、スクスクと育っていくヒップや太もも・・・ヽ(;´Д`)ノヤメテー
典型的な下半身デブです。

イヤイヤ、妊娠適齢期に子宮回りに脂肪が付くのはしょうがないよ!
ちょっとムチムチしてた方がセクシーだよね♪
・・・そんなレベルを超えました。そんなにいらんよ、ポヨヨン脂肪・・・(;´Д`)

この物語の構成は4部構成になっています。ご興味のあるところからどうぞ♪

  1. 下半身デブを苦労せずに治した物語~がっかり編~
  2. 下半身デブを苦労せずに治した物語~妄想編~
  3. 下半身デブを苦労せずに治した物語~きっかけ編~
  4. 下半身デブを苦労せずに治した物語~解決編~

 

高校生の時は167cmの身長に対し、ウェストは58cm~60cmをキープしていました。
1日5食食べても太るこがなかったので(笑)ウェスト付近に脂肪が付くなんて、考えてもいませんでした。
ですので、もちろん落とす方法を考えたこともありません。
留まることを知らない脂肪たちに、どう接してよいのか分からず・・・

「やめて~!これ以上付かないで~((((;゚Д゚))))」
という心の叫び声は日々大きくなるばかりでした。

 

ある日、当時勤めていた会社の同僚が発した
「最近、胸より腹の方が出てる~」
「痩せようと思うと、胸から落ちる・・・Σ(゚д゚lll)」
って言葉に、「あ、私もヤバイ・・・」と、心の中で返事したのを覚えています(笑)

そして、スカートのサイズがLサイズになった時に、「人に見られたくない!」「恥ずかしい!!」という感情がわき、外に出るのが心底嫌になりました。
その時の「他人の目から逃れたい」というものすご~くイヤな気持ちは、今でも鮮明に覚えています。
そもそも、こんなにデブに対して苦痛を感じるには、私のデブのイメージがイヤでイヤでたまらないものだからです。

 

例えば、太り始めた時の自分に対して、こんなことを思っていました。

醜い!こんなの美しくない!!!
鏡の前に立ち、醜いボディの自分が映し出されたら、私は私を許せない気持ちになります。
とにかく苦痛でしかたがありません。
それが自分の姿だなんて、信じられない!!!

イメージと違いすぎっっっ!!!
数年前の私がイメージした自分の未来のイメージに、こんな醜い姿はあり得ません。
しかも、いらない脂肪が付き始めると、前から見ても汚いけど、うしろ姿がもっと汚い!
ヤバイ!
汚いっっ!!
ヤバイ!
汚いっっ!!

そして、隙間を通る時なんかは、
「アレ?!こんな所に私の体あったっけ??なんだか体の幅が違うゾ(´・ω・`)」
ってなります。

カラダ重っっっ
明らかに、体が重いです。
朝起きるのも、ダルいです。
「仕事はストレス多いし、ハードだし、疲れてるからシンドいんだろうな♪」
と思っていたのは大きな勘違いでした(笑)
物理的に、重くなっていました。

自転車でどこまでも行けたあの日々は、夢か幻・・・?!
10kmこげたのって、幻覚だったのかしら・・・(´・д・`)ハテ?
そうなると、自信がなくなるので、常に人の目が気になります。これでは人前に出れません。
外に出るのがイヤでイヤで仕方ありません。

 

「私の人生において、こんな身体は絶対にあり得ない!!!!!」

 

「そんな自分になったら、死ぬほど恥ずかしい!!!!!」

 

日々、私の頭の中では、「デブなまま生きた場合の物語」が上映されていました。
そのストーリーは何度も流れ続けます。

このままいくと、どんなおばちゃんになってしまうのか?!
残念な妄想はどこまでも止まりません!

「年取ると太りやすい」とか、「体形戻らなくなる」とかきくけど、確かにおばちゃんって、めっちゃ痩せてるか、めっちゃデブかどっちかしかいない。
こんなに若いのに、デブ街道を進み始めた私・・・
このままいくと、どこまでも留まることを知らずに太り続けることマチガイナシ(;´ρ`)
なんだかデブって、醜い。臭そう。品が悪い。

しかもそんな醜いやつ連れて歩くなんて、一緒にいる人恥ずかしいー(≧ヘ≦ ))(( ≧ヘ≦)
しかもめっっっちゃかわいそう。
むしろ同じ人種とか思われたくないよなー。
それにしても・・・世の中には、「年をとってもキレイで上品なおばちゃん」がいるのに、
反対に、「下品でギャーギャー言ってる、図々しいデブのおばちゃん」もいる・・・
何でこんなに生態系が違うんだろう?!
このまま行くと、行きつく先は、後者だよなー。
仲間入りしたくない~!
絶対イヤ~~!!
なりたくない~(≧□≦;)

年とってもかわいくて上品でキレイな人になりたいよぅ~。
若くても、デブじゃ可愛くないよなー。
かわいい洋服も着れない・・・
どんどん服のサイズがどんどん大きくなっていくよ~。
・・・小さくなりたいけど、小さくなれる気がしない・・・( ;∀;)

 

頭の中の上映会は、日々私を追い込んでいくのでした。

 

この物語の構成は4部構成になっています。ご興味のあるところからどうぞ♪

  1. 下半身デブを苦労せずに治した物語~がっかり編~
  2. 下半身デブを苦労せずに治した物語~妄想編~
  3. 下半身デブを苦労せずに治した物語~きっかけ編~
  4. 下半身デブを苦労せずに治した物語~解決編~
  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*