大人ニキビの改善方法

  • LINEで送る
大人ニキビ

私は今、大人ニキビに悩んでいます。高校生ぐらいからです。
頬全体にジュクジュクしたニキビ、赤いニキビ痕や潰れた後のクレーター。
大人になったら消えると思っていたのですが、大人になっても続きました。

大人ニキビは洗顔や保湿だけでなく、食べ物や便秘といったことも関係しています。
美肌を目指して実践して良かったことなどを書いてみました。

 

まず、『なぜ、大人ニキビがイヤなのか』を書いていきます。

・気持ち悪い
ジュクジュクしたニキビが気持ち悪いです。
白のような、黄色のような脂のポコッて出てるヤツら。
ここは油田なの??
出てくるにしても、なんで、敢えて顔から出てくるの?
こんな出てこられ方したら気持ち悪いんだけど。

・目立つ
顔の頬を中心に赤い点や脂のポコッとしたヤツ。
月面みたいなクレーター。
とても目立ちます。
鏡を見たら、一瞬で目がいってしまいます。
私自身がそうなのだから、会う人もそうなのかも。
『あぁ、あのニキビの人ね』
なんてイヤな覚えられ方!もっといい印象で覚えてもらいたいです。

・痛い
ニキビが生まれようとしている時?
肌がそこだけおかしい…
一点だけがピリピリします。
うっかり潰してしまったら、もっと痛いです。
脂が出てきます。下手したら、血まで出てきます。
これがまた、痛い!!
こうやってニキビ痕が増えるんだよな…

 

では、大人ニキビをそのままにしておくとどんなイヤなことがおこるかというと…

・老けて見える
このまま汚いボロボロ肌だと実年齢より老けて見えそう。
早くもハンデができてしまっている状態です。
この肌にこれからしわとかクスミとかシミとかでてくるんだろうな。
ますます美しくなくなってしまう…
いつまでも、若く美しくありたいです。

・お金がかかる
口コミで話題の石鹸や化粧水。
お高いエステ、美顔器、レーザー治療。
あれこれ手を出してしまいそうです。
試してみて、良ければいいのですが、ダメだった場合、ガラクタと無駄な出費になってしまいます。
それに、何が悪いのかわかっていないのに、治そうとしても治らないと思います。

・自信が持てない
鏡を見ると映る、美しくない私。
『自分はダメだな』という気持ちになります。
毎日、毎日、毎日、『ダメな自分』を見ます。
自分のことがどんどんイヤになっていきます。自信がなくなっていきます。
こんな状態だとうまくいくこともいかなくなります。
イヤなスパイラルです。

 

『なぜ、大人ニキビがイヤなのか』を考えたので、今度は『どうなりたいのか』を考えてみます。

まずは、ツルツルで思わず触れたくなるような、触りごごちのよい肌になりたいです。
もちもちでキメの整った美しい肌…
シミとかしわとかもなくて、色白がいいです。
すっぴんなのにキレイな人に憧れます。『ナチュラルキレイ』という言葉がぴったりな肌の持ち主になりたいです。そうなれれば、すごくうれしいだろうな。今までずっとそうなりたかったから。

次に、もっと自分に自信が持てるようになりたいです。
荒れて汚い肌が私のコンプレックスになっています。
肌がキレイなだけで、自分のことが好きになれます。
自分に自信が持てるようになると何でもうまくいきそうな、そういう予感がします。そうなれば、心にゆとりやおだやかさが生まれてゆったりできそう。

そして、体の内側からキレイになりたいです。
体の内側からキレイになれば、肌もキレイになりますし、健康でパワフルになれます。
外見も中身もパワーみなぎる!という感じがいいです。
そうなれば、きっとポジティブで元気な人になれると思います。素敵な人、面白い人がたくさん集まってきて、より一層楽しくなると思います。

 

どうしたらキレイな肌になれるかな、と思い調べてみました。
すると私の場合、体の内側と外側の両方から見直しが必要だなと思いました。
私の普段の生活のなかで、外側は『洗顔』と『保湿』、内側からは『食べ物』と『便秘』に問題があるようでした。

具体的には

【洗顔】
汗やメイクなどの汚れはキレイに洗い流す。

汚れの洗い残しが雑菌のエサになり、炎症を起こしていたようです。

【保湿】
洗顔後、化粧水で水分を供給し、乳液などで蒸発していかないように蓋をする。

保湿がちゃんとできていないと肌の水分が飛んで乾燥してしまいます。その乾燥を防ごうと皮脂の分泌が進みます。

【食べ物】
揚げ物のような油っぽい物、出来合いの物、刺激の強い食べ物を控える。
生野菜や果物を食べる。

食べた物が肌を作る材料になります。野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルが皮脂の分泌を抑えてくれたり、肌を作る材料にもなってくれるようです。

【便秘】
便秘を防ぐために、水分を摂る量を増やしたり、食物繊維をたくさん摂れるように野菜や果物を食べる量を増やす。

いつまでも不要な物が腸に溜まっていると、そこから有害物質が発生します。腸がその有害物質を吸収してしまうと大人ニキビの原因になるようです。

 

では、私が実際にやってみて感じたことを書いてみます。

【洗顔】
仕事終わりはついついそのまま寝てしまうことも多かったのですが、ちゃんと洗顔を続けていくとやはり肌がキレイになっていきました。たまに忘れると肌がくすんでいるように感じます。
また、意識して洗顔をやってみると、あごの下に洗い残しをしていたようで、洗顔料のヌルッとした触感にドッキリしたことがあります。

【保湿】
洗顔後、顔が水で湿っているうちにスキンケアをすると、潤い具合が良かったと思います。あと、化粧水などは一度手のひらに出して、体温で温めてからじっくりと抑えるように入れていきました。特に赤いニキビ痕やクレーターのところはじっくりとしました。

【食べ物】
食べる時に揚げ物は避けて、焼いた物や煮た物を選ぶようにしました。
また、生サラダや果物を多く食べてビタミンやミネラルを摂るようにしたり、ごはんは雑穀やサツマイモと一緒に炊いて、食物繊維を摂る量を増やしました。
特に果物をたくさん食べた日の翌日は肌がいつもよりプリプリになっていたように思います。

【便秘】
体重の5%の水分を摂り、ウォーキングをし、お風呂にゆっくり浸かり、食物繊維をたくさん摂るようにして便秘を防ぎました。野菜や果物をたくさん食べるとビタミンやミネラルと食物繊維も摂れ、一石二鳥でした。
快調の時は、肌の調子もいいです。体も軽くなりました。

以上【洗顔】【保湿】【食べ物】【便秘】をやってみました。少しずつですが効果が出てきたと思っています。ジュクジュクしたニキビが新規作成されず、赤いニキビ痕が薄くなってきました。頬全体のクレーターも凹が薄くなってきました。これまではまじまじと鏡で自分の顔を見ることはありませんでした。見てもおもしろくなかったからです。今ではどんな変化が起こったのだろうと、毎朝自分の顔を見るのが楽しみになっています。

 

これらの他にも改善したいな、と思うのが『睡眠』です。
『睡眠』の質を上げていきたいのです。というのも、夜の10時~2時に出るホルモンが良いらしいのです。
ですがその時間に寝てないのです。結構夜更かししてしまってる…
なので、その時間帯に布団に入って眠るようにしたら、もっと肌がキレイになるのではと思っています。

 

10年以上もの間、『お肌がキレイだったら…』と思うことが多々ありました。でも、どうしようもできず、ずっとそのままでいました。
今はまだ完治してはいませんが、徐々に良くなってきて、それだけでもうれしいです。
キレイになっていくと自分が好きになっていきます。自信が持てるようになります。

大人ニキビを治し、肌の美しい人に仲間入りするのが、今の目標です。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*