不眠症改善に効果的な生体リズムを整える方法

  • LINEで送る
不眠症の改善

以前は眠りたくても眠れない。ようやく眠れても中途半端な時間に目が覚めて、その後は寝付けませんでした。今では寝ようとしてから10分程で眠れて、朝まで寝続けられるようになりました。その方法を紹介します。

健康上の悩みは何ですか?

 

不眠症

夜、部屋を暗くして布団に入り、目を閉じていてもなかなか眠れない。眠ったとしても中途半端な時間に目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けない。おかげて年中睡眠不足で何をするにも眠気がつきまとうようになっていました。

 

なぜイヤなのですか?

 

寝たいときに寝れない

部屋を暗くして、布団に入り、「さあ寝よう!」と目を閉じておとなしくしていても、なかなか眠れない。
眠りに落ちるまでに何時間もただ布団の中でゴロゴロしているだけ。
日中活動したことによって感じる身体のダルさや眠気といった感覚を一刻も早く解消したいのにできない。
「いったい、いつになったら解消できるんだ!」と怒りがこみ上げてきます。

 

寝ても中途半端な時間に目が覚める

苦労してやっと寝れたのに、ふと目が覚める。周囲を見渡してもまだ暗く、手探りで時計を探し当てて時間を見てみると、午前3時過ぎ。
「やっと寝れたと思ったのに…まだ3時過ぎか…」という落胆が全身にズーン…と重くのしかかります。

起きると決めた時間まで寝ていたかったというのもありますし、僕の場合、翌日の体調がおかしくなることが確定するからです。
身体が言うことをきかず、フワフワして力が入らない等の変調が1日中続きます。
身体の調子悪い中で1日活動しなければならないことに絶望します。

 

年中寝不足

満足に眠れる日が少なく、年中寝不足。何をしていても眠気が付きまとってきて気分が重い。「あー、良く寝た!」と言ったのはいつぶりだろうかというレベル。
でも、眠気があるからといって眠れるわけでもありません。

自分で資料を作成するとき、眠気が集中の妨げになってウトウトしながらやってしまうと、出来上がったものは誤字脱字など普段はやらないようなミスのオンパレード。
見直す度に次々と見つかるミスの修正に時間がかかり、早く終わらせたいのになかなか終わらず、眠気が鬱陶しくて苛立つこともよくあります。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

昼夜逆転

生体リズムが乱れてしまい、昼夜逆転。昼間は眠気に苛まれ、夜間は頭が覚醒してずっとチカチカしっぱなし。昼間から活動できないのは致命的です。
昼間働けなくなって生活ができなくなる。友人と昼間遊びに行く約束をしていたけれども行けない。
そんなことになりかねません。不憫すぎるし、そんな状態にはなりたくありません。

 

疲れが取れない

寝不足が続くことで満足に身体を休めることもできず、眠気以外に疲労も1日中付きまとうようになる。1日中身体が重くてダルい。
そんな状態になったら、何をやっても中途半端になってしまいます。そんなの嫌です。

 

うつになる

慢性的な精神的疲労が続くことで、とうとう限界がきてうつに。何のやる気も出ず、何かと情緒不安定。常に何かに不安を感じて怯える日々。
残りの人生をそんな状態で過ごして無駄にしたくなんかありません。

 

どうなりたいですか?

 

スッと寝たい時に寝れる

電気を消して、布団に入り、目を閉じたら、3…2…1…Zzz…といった具合に寝たい時にスッと寝れる状態。
なかなか眠れず布団の上でゴロゴロしている時間がもったいないとかそんなことを思うことも一切なし!いつでもすぐに快適に眠れるのが最高!

 

起きると決めた時間まで寝続けられる

一度寝たら、「明日は○時に起きる!」と決めた時間になるまでグッスリ寝続けられる。
中途半端な時間に目が覚めて「まだ○時か…」と落胆することなんて一切なし。ストレスフリーで快適な睡眠を堪能できます。

 

目が覚めたらベストコンディション

前日にどれだけ肉体・精神を使い込んでも眠って目が覚めれば何事もなかったかのように準備万端!
前日以上に肉体・精神を使い込むことだってできるくらいベストな状態になっている。
翌日には今日以上の状態になっているとわかっていれば、何にだって全力をだすことができます!

 

どうしたら、そうなりますか?

 

人は生まれながらに生体リズムと呼ばれる活動に関するリズムを持っています。
僕の場合、このリズムが中途半端に乱れていたことが原因のようです。
生体リズムに合わせて活動をすることで、生体リズムを整えていきます。

ウォーキング

ウォーキングは不眠症にも効果的!生体リズムを整えグッスリ快眠によると、ウォーキングは生体リズムを整える効果があるそうです。
ポイントは3つ

  • 日の出とともに始める(無理なら午前中)
  • 1秒に2歩、1分で120歩のペースで歩く
  • 40分以上歩き続ける

栄養補助食品

身体を回復させるには、豊富なマルチビタミンミネラルといった栄養が必要不可欠です。
身体を構成する約60兆個の細胞全てに十分な栄養を与えることができれば、活動している時に傷ついて弱った細胞は元気な状態に回復させることができます。

寝具の交換

身体にあっていない寝具を使うと、無理な姿勢で眠ることになり、余計に疲れてしまうことがあります。
一人暮らしをするときに間に合わせで買った寝具を使用しており、フレームは曲がって決して寝心地が良いとはいいがたい状態になっています。
なので、寝具を交換することで睡眠の質を向上させることができるはずです。

 

実際にやってみたことは何ですか?

 

ウォーキング

ウォーキングのポイント3つを可能な限り守りながらやり続けました。

栄養補助食品

栄養のバランスや量によっては、細胞にとって毒になり、望んだ結果とは程遠く逆効果になってしまうことがあります。
細胞にとってベストなバランス・量であり、摂れば体内で吸収されて血液によって全身の細胞に届けられることが証明されているものを選び、毎食後に摂取しました。
実際にやってみると、ほんの数日で実感がわいてきました。
最初は朝が眠たくてしょうがなかったのですが、次第に慣れていき、たまに起きると決めた時間に勝手にパッと目が覚めるようにもなり始めました。
眠るのにも10分とかからなくなってきて、中途半端な時間に目が覚めることもなくなってきました♪

もっと睡眠の質を向上させていきます!

 

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

寝具の交換

いざ、寝具を変えようと思っても、自分の身体に合った寝具ってどんなの?という疑問に関する答えが出ず、そこで止まっていました。
ちょっと調べてみたら、自分にあった寝具の選び方をアドバイスしてくれるサービスが色々あったので、そこから試してみようかと思います。

 

今後の抱負は何ですか?

 

さらに睡眠の質を向上させて、睡眠に関する不満を全てスッキリ解消!
1度眠ることで全てがリセットされて目が覚めた時から眠るまで1日中快適に過ごせる。
そんな毎日を手に入れることを目標に、これからもやっていきます。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*