美肌のためには欠かせない!基底層の3つの役割

  • LINEで送る
美肌

なかなか耳にしない「基底層」。実は、美肌のためには絶対に欠かせない役割を担っています。
この役割がないと、お肌は美しくなれないし、ターンオーバーもできません。
どんな役割を担っているのか、詳しくみていきましょう。

基底層とは?!

表皮は「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」からできていて、「基底層」は「有棘層(ゆうきょくそう)」と「真皮」の間にあります。(詳しくは、基底層とは?!~表皮の中の基底層~参照)

ターンオーバー 基底層
出典:http://bihada-sensei.com

真皮と直接関わりながら、お肌をつくっているのが基底層なんですね~(*^▽^*)

真皮を守る基底膜

真皮は表皮とは違って、ダメージを受けると完全には元に戻りません。((ノ)゚Д゚(ヽ))表皮にはターンオーバーがあるので元に戻るのですが・・・(-_-;)

基底層と真皮の間には、「基底膜」が存在します。
真皮のすぐ上層部に当たる基底膜は、細胞室内に豊富に存在するケラチン繊維で隣り合う基底細胞・基底膜と密着し、強い膜のようになって真皮を守っているのです。

基底膜
出典:All About Beauty

ちなみに、角質層の外側にも皮脂「膜」があります♪「膜」はその内側を守る、ガードマンの役割をしてくれます♪頼もしいですね(^_^)v

紫外線からガード!メラニンが真皮を守る

メラノサイトは、基底層の中に一定間隔で存在しています。
紫外線が真皮に届かないように、メラニン(色素)を出して紫外線をブロックしています。まるで、真皮と基底層の間に、紫外線が通れないように壁を作っているようなイメージです。

メラニン
出典:レッツエンジョイ東京

メラノサイトは、紫外線などの刺激を受けることでメラニンを合成し、肌色に影響を及ぼします。
基底細胞の間にはメラノサイトが点在していて、この細胞内でメラニン色素が生産されます。

メラニンの主な働き

メラニンは、紫外線の防御の役割を担っています。
日差しが強い地域の人ほど、お肌の色が黒くなりますが、それは、メラニンで紫外線を防御しているからなのです。

肌色の違いはメラニンのせい?!

人それぞれ肌の色は違いますよね?
それは、

  • メラノサイトの細胞自体の大きさ
  • メラノサイトが作る、メラニン色素の量

が違うからです。

肌の色の違い
出典:イヴァンカ楽天市場店

メラノサイトの数自体は、人種や性別の違いに関わらず同一に分布されてるのですが、肌の色が濃い人の肌には、メラニン色素が多く含まれています。

メラノサイトの数が誰でも同一!これには驚きです!

基底層はターンオーバーのスタート地点

基底層は、哺乳類の表皮としては唯一、細胞分裂が見られる層です。
真皮の毛細血管から栄養素を運び込み、その栄養素をもとに、基底細胞は約20日ごとに核分裂(有糸分裂)し、表皮の細胞を供給しています。
真皮 毛細血管
出典:http://www.kao.com/

ターンオーバー
出典:Doctor’s Organic

分裂した後の基底細胞

分裂した基底細胞の一つは、基底層に残って次の分裂に備えます。
もう一つは、一つ上部の有棘層の有棘細胞に変化します。

基底細胞は分裂すると、基底膜との接着を失い、上層へ押し上げられます。
すると、「有棘細胞」→「顆粒細胞」→「角質細胞」と変化していき、最後には垢となって剥がれ落ちます。

ターンオーバー
出典:ダイエットと美容の効果を高めるBeautyPlusブログ

 

基底細胞は、ターンオーバーのスタート地点なのです♪

まとめ

普段は耳にしない「基底層」。美肌のために必要不可欠なことをたくさんしてくれている、凄い層です!
お肌の細胞を生み出したり、紫外線から真皮を守ったり、外部からのダメージを真皮に届かないようにしてくれたりと、ものすごく重要な役割を担っていましたね!
美肌のためにも、基底層がしっかり役割を果たせるように、体を内面からしっかりつくっていきたいですねd(@^∇゚)/♪

  • 基底層は、「有棘層」と「真皮」の間にある。
  • 基底層と真皮の間には「基底膜」が存在し、ダメージが真皮に届かないようにしている。
  • 基底層にはメラノサイトが存在し、メラニンを生産して紫外線が真皮に届かないようにブロックしている。
  • 基底細胞は分裂し、基底層からターンオーバーがスタートする。
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*