水虫の治し方(予防にもなる)肌の抵抗力を上げる方法

  • LINEで送る
水虫の治し方

冬場のブーツを履くシーズンや、雨期のジメジメとしたシーズンなどに感染しやすい水虫。
水虫への感染のしやすさは肌の抵抗力が関係しています。
肌の抵抗力を上げることで水虫の改善・予防する方法を紹介します。

健康上の悩みは何ですか?

 

僕の身近な人に水虫に感染していた人がいます。
本人は水虫の症状(かゆみ・水ぶくれ・ひび割れなど)に悩んでいました。そもそも水虫になったこと自体がショックだったようです。
僕自身は水虫によって引き起こされた悪臭にやられたり、感染の恐れがあるのではないかとビクビク怯えたりしていました。

 

なぜそれで悩んでいるのですか?

 

かゆい

僕の知り合いによると、水虫になっている部分が我慢できないほどかゆくなってしまうことがあるそうです。
人前でも靴や靴下を脱いで掻き毟ってしまいたい衝動に駆られて、イライラ。
掻き毟ってもすぐにかゆみが治まるわけでもなく、ムズムズするのだそうです。

 

皮膚がボロボロ

水虫に侵された知人の足は、水ぶくれができていて、皮がひび割れてポロポロと崩れ落ちる。その結果皮膚はデコボコでボロボロの状態になっていました。
酷い時は出血と痛みを伴うこともあるそうで、見た目がとても気持ち悪いので、見る度に気分が悪くなるそうです。
僕もこの足を初めて見たとき、「うげぇ!なにこれ。気持ち悪いなぁ…」と思ったのを覚えています。

 

悪臭

水虫に感染している人の足はとにかく臭い!
知人を家に招き入れれば、玄関にある靴や部屋にあがってきた知人の足から、数日間靴を脱がずに履き続けた後のような激臭が僕の鼻を攻撃してきます。
冬場、こたつにその足を突っ込まれたら最後。こたつの中に足の臭いが充満&臭いがパワーアップ!異臭騒ぎが発生する程で、暫く臭いがとれません。
鼻がツーンとすることもあるくらいとにかく臭いので、本当に何とかしてほしいです。

 

感染するかもしれない恐怖

水虫は足を清潔に保っていれば感染しない。足が不潔だから感染する。というのは嘘。
確かに足を清潔にすることで、感染するリスクを下げることはできますが、100パーセント防げるというわけではありません。

水虫に感染している人と一緒に生活していれば、それだけ水虫に感染した皮膚片を踏みつけたりする確率が上がります。
なので、いくら自分の足を清潔にしていても、感染するリスクは上がります。

自分の足が水虫に感染するかもしれないという恐怖心は味わいたくありません。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

爪が変形・変色する

爪が水虫に侵されると、爪の色が濁った色に変色。爪の形も一部分が極端に分厚くなったり、巻き爪のようにグニャグニャに変形します。
酷い場合は、市販の爪切りで爪を切れないこともあるそうです。爪が皮膚に食い込んで傷つき、出血して痛みを生じることもあるそうです。
そんな状態の足は実際に目にしたくないし、近づいてほしくありません。

 

感染症になる

水虫が原因でボロボロに傷ついた皮膚の傷口から細菌が侵入して、感染症を発症することがあるそうです。
傷口周辺は赤く腫れあがり、傷口から黄色いヌメっとした膿が出てくる。
終いには、細胞が壊死し始めて、壊死した部分を切除することになる可能性だってあります。
そんな痛々しい姿は見たくありません。

 

治りにくくなる

水虫に感染している範囲が拡大し、爪や皮膚の深部まで到達してしまうと、完治するまでにかなりの期間を要するようになります。
爪の変色・変形、水ぶくれや肌のひび割れといった症状が見当たらず、本人は治ったと思っていても、実は完全に治しきれていなくて再発するなんてこともよくあるそうです。

 

第三者に水虫がうつる

いくら予防策を実践していても、感染するときは感染します。一度感染してしまえば、皮膚はボロボロになり、爪は変色・変形。悪臭を放ち始めることになります。
これまで僕自身が煙たがっていたものが自分の足にあるなんて我慢できません。

 

どんな状態を望みますか?

 

抵抗力の強い肌

水虫はもちろん、その他諸々あらゆる細菌や毒素に対しての抵抗力が強く、何でも跳ね返してしまう。
素肌を晒して泥んこになるまで遊んでいようが全然平気。
「後で洗えば全然大丈夫!」て状態なので、その瞬間瞬間を楽しむことに意識を集中することができて、楽しさ倍増!

とてもハッピーな気分になれます♪

 

健康的な色・形をした爪

爪は透けていて、形も厚さは均一で真っすぐ伸びている。硬さも丈夫で、指先を支える等の爪としての機能をちゃんと果たすことができる状態。

夏場にサンダルを履いて歩き回ろうが全然平気。いつでも靴の中で熱く火照ってジメジメしている足を気軽に解放することができるようになります。
足元に風を感じるあの何とも気持ちいい開放感に浸ることができます。

 

清潔感のある足

足がいつも清潔感のある状態ならば、悪臭を発することもなく、いつも快適な気分でいられます。
お気に入りの靴や靴下も長い期間愛用することができるようにもなります。
また、店の座敷や友人宅などの靴を脱いで上がるようなところも何の気兼ねもなくスッと上がることができるようになります。

 

どうしたら、そうなりますか?

そもそも、水虫とは白癬菌というカビが皮膚の角質層に寄生している状態のことを言います。
白癬菌は角質・髪の毛・爪などに含まれる「ケラチン」というタンパク質を栄養源として食べています。

白癬菌自体の感染力はそれほど高いものではなく、皮膚に付着したら必ず感染するというものではありません。
角質の深部まで浸食・寄生される前に追い払ってしまえば何の問題もありません。

また、すでに白癬菌に浸食されている場合でも、それ以上健康な細胞が白癬菌に浸食されないようにすれば、肌の代謝によって白線菌に侵された細胞が押し出されていき、自然治癒することも可能なはずです。
なので、肌の抵抗力を上げて菌の浸食しづらくすることが有効な手段になります。

そこで、肌の抵抗力を上げる方法を以下にまとめました。

腸内環境を整える

腸内環境と肌の状態には密接な関係があります。
栄養の大半は腸から吸収されます。いくら肌にとって良い栄養素を摂ったところで、腸内が汚いと吸収することができずに体外へ排泄されることになります。
腸内環境を整えることで、栄養素もしっかり吸収することができるので、結果として肌の状態が良くなり、抵抗力が高まります。

腸内環境を整えるのは善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが基本になります。

乳酸菌やビフィズス菌を摂る

乳酸菌やビフィズス菌といった腸内環境を整えてくれる善玉菌を摂ることで、腸内の善玉菌の割合を増やし、腸内環境を改善させます。

野菜中心の食生活

肉や脂質は悪玉菌の大好物。そういったものばかり食べていると、腸内に悪玉菌が大量発生して、腸内環境の悪化を招きます。
野菜中心の食生活に変えることで、悪玉菌の済みづらい環境にすることができます。

食べ合わせを守る

エネルギーを10倍にする正しい食べ合わせによると、タンパク質と炭水化物の組み合わせは消化不良を起こし、最終的に腸内で腐っていくそうです。
腐ったものは悪玉菌にとって絶好の餌になり、悪玉菌の繁殖を手伝うことになってしまいます。
野菜とタンパク質、野菜と炭水化物といった正しい食べ合わせをすることで、消化不良を起こすことなくスムーズに消化→吸収→排泄の流れをたどることができるようになります。

食べるのは12:00~20:00の時間帯だけ

食事からみる24時間周期3つのサイクルによると、消化→吸収→排泄の各工程にはそれぞれ最も活発に活動する時間帯があるそうです。
身体のリズムに合わせて食事をとることで、効率良く消化のサイクルをたどれるようになり、食べたものを少しでも早く排泄することができるようになります。

栄養補助食品を利用する

ビタミン・ミネラル類は肌の調子を整える効果があります。
普段の食事で必要な栄養素を全て摂ることができればいいのですが、それは無理な話なので、栄養補助食品を利用します。

栄養補助食品を選ぶ際は、栄養のバランスや量が細胞にとってベストなものであり、ちゃんと体内に吸収されて細胞に行きわたることが証明されているものを選ぶことをオススメします。

 

最後に

 

水虫について悩んでいる人がこの記事を読んだことで、少しでも悩みが改善・解消!
「もしかしたら、治らないかもしれない…」「もしかしたら、感染するかもしれない…」といった不安に駆られることもなく、毎日がより明るくて楽しく充実した日々になれば嬉しいです。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*