表情のかたさ改善!毎朝たった10秒で表情が豊かになる方法

  • LINEで送る
表情のかたさ改善

以前は表情が硬く、笑っていても口角は下がりっぱなし、目も見開いて睨んでいるような状態でした。
今では、周囲から「表情が良くなった」「明るくなった」と言われるようになりました。
そんな表情をより豊かにする方法を紹介します。

健康上の悩みは何ですか?

 

表情が硬い

僕は表情を作るのが苦手でした。特に笑顔を作るのが苦手で、顔全体がこわばり、なかなか自然な笑顔を作ることができませんでした。
イメージと現実がかけ離れすぎていて、どうやればイメージした表情を作れるのかすらわからない状態でいました。

なぜイヤなのですか?

 

表情が不自然

友達と撮った集合写真に写っている自分の顔の表情を見ると、自分だけ笑っているはずなのに、口角は下がりっぱなし。
目も何かこちらをガン見しているような感じに見開いていて、むしろ怖い。
楽しさがまるで伝わってこない。そんな表情をしていることが多いです。

周囲の人は本当に楽しそうな笑みを浮かべているのに、自分だけ不自然な表情をしている。
自分が見ても自分の表情に違和感を感じるのだから、他の人も違和感を感じるに違いありません。

どんな表情をすればいいのか、今どんな表情をしているのかが一切わからず、自分の表情にコンプレックスを感じていました。

 

すぐに顔の筋肉が疲れて痛くなる

何とか口角を上げようと頬に力を入れてみると、若干口角は上がるのですが、ほんの数秒で頬の筋肉が疲れを感じ始めます。
それでも頬に力を入れ続けると、「ギュー」と締め付けられるような痛みが頬に走りはじめます。
この痛みの程度が結構きつく、頬の力を緩めても暫くの間痛みつづけます。

笑おうとしたら頬が痛むって…(笑)

と自分自身呆れてしまいました。

 

顔の筋肉がピクピク痙攣するのが気持ち悪い

普段何もしていないのに、瞼や頬の辺りの筋肉が急にピクピクと痙攣し始めることがあります。
あの筋肉が痙攣している感覚がとにかく気持ち悪い!

他の人には顔の筋肉が痙攣することを知られたくないし、見られたくありません。
なので、人と対面で話している時は顔が痙攣しないことをただ願っていました。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

顔がたるむ

顔の筋肉がどんどん弱っていくことで、顔全体が重力に負けてたるむ。最悪、顔がブルドックみたいにダルンダルンな状態になるかもしれません。
実年齢からしたら信じられないくらい年老いた顔に。老け顔です。20代や30代なのに、顔だけで60代に見られる。そんな状態には絶対になりたくありません!

 

表情を作れなくなる

筋肉は使わないと弱って萎縮していきます。終いには動かそうとしても動かない状態に。
顔の筋肉が弱り切ったことで、喜怒哀楽どんな心理状態でも常に同じ表情のまま。一切変化せず、いつもムスっとしたままに。

話し相手がずっと無表情だったら、何を考え、感じているのかさっぱりわからず相手との間に壁を感じます。
自分が相手に心を閉ざしているように感じさせているのに、相手の心を開かせて仲良くなるなんてことは不可能。

自分がそんなことをしていると思うと、「お前、何してんだよ…」と怒りがこみ上げてきます。

 

気分が沈みがちになる

表情や姿勢といった身体の使い方次第で、その時に感じる感情は大きく変わります。

表情が明るく、いつもニコニコしていれば、視線は上がり、背筋は伸びて、テンションが上がってきます♪
表情がムスっとして暗いと、視線は下がり、背筋も猫背になり、テンションはダダ下がり…

毎日、気が重く、「ハァ…」とため息をついている。やる気もなかなか出ず、ただ時間だけが過ぎていく。
そんな貧乏神のような暗い日々は過ごしたくありません。

 

どうなりたいですか?

 

顔の筋肉が良く動いて、表情豊か

笑っている時は、目尻が下がり、口角が上がっている。
ビックリしたときは、額にシワができるほど眉は上がり、目が大きく見開いている。

といったように、顔の筋肉が良く動くことで表情が豊かになり、喜怒哀楽をはっきりと表現できるように。
相手に違和感を感じさせることもない自然な表情を作れるように。

色んな表情をすることができる。それだけ表現の幅が広がって、人生より楽しめる♪

 

1日中ニコニコしていても平気

顔の筋肉のパワーと持久力が上がり、1日中口角を上げてニコニコしていても全然平気。疲労感や痛みは全く感じない。
終いには、笑っている顔が通常の状態に。1日中笑っていられるなんて最高!毎日終日ハッピーな気分で過ごせます。

 

若々しい顔

70歳や80歳になっても顔のたるみが一切なく、凛々しいまま。実年齢を明かせば、「そうは見えない」「信じられない」と言われる。
いつまでも20代30代と見られるほど若々しエネルギーに満ち溢れた状態を維持できれば最高!

 

どうしたら、そうなりますか?

 

顔面筋トレ

表情は顔全体にびっしりと存在する筋肉が動くことでつくられます。
顔の筋肉が弱り、小さく萎縮していると、動かしにくく、表情が硬くなります。
なので、顔の筋肉を動かして凝りをほぐし、鍛えることで、表情を豊かにしていきます!

栄養補助食品

見た目を若く保つには、肌の状態も良質な状態で保つ必要があります。
ビタミン・ミネラル類など、肌に必要な栄養素を与えることで肌を強化し、いつまでも元気な肌を保ちます。
普段の食事で必要な栄養素を摂取することができればいいのですが、食事だけでは不足するので栄養補助食品を使います。

スキンケア

乾燥や紫外線は肌の大敵。化粧水や乳液といったもので乾燥や紫外線の対策をすることで、肌を守ります。

 

実際にやってみたことは何ですか?

 

顔面筋トレ

やり方は簡単。
以下の図の表情①と②を交互に10回行うだけ。

表情のかたさ改善 方法1

ポイントはとにかく”思いっきり””全力で”やること。
僕は朝起きてすぐにやっています。

始めてやった次の日、生まれて初めて顔面が筋肉痛になりました(笑)
最初は10回やるだけでかなりきつかったですが、続けることで次第に余裕がでてくるようになり、筋肉痛もどこへやら。
今では余裕でこなすことができるようになりました!
始めてから2週間くらいたった頃から、周囲から「表情が良くなってきた」と言われるように。
気付けば顔の筋肉が痙攣することもなくなってきました。

栄養補助食品

マルチビタミンミネラルの栄養補助食品を毎食後に摂取しました。
栄養補助食品であれば、何でも良いというわけではありません。
体内で吸収されて、血中に溶け込み、身体の隅々まで行きわたることが証明されているものを選んで使っています。

暫く使っていると、「肌が良くなってきたね」と言われるようになってきました!
表情も肌の調子も大分良くなり、自然と笑顔になる機会が増えてきました!
もっと表情豊かでいい顔にしていきます!

 

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

スキンケア

これまで、化粧水や乳液といったスキンケア用品を使ったことが殆どありません。
「よし、使ってみよう!」と思っても、使い方も選び方もよく分からず、結局買わず使わずということが続いていました。
最近、それらを教えてもらったので、実際に買って使ってみようと思います。

 

今後の抱負は何ですか?

これまでやってきたことだけでも十分効果があり、顔の表情や肌の状態をかなり改善することができました。
もっと表情豊かでいい顔の状態にしていきたいので、新たなことに取り組みます。

そうすることで、もっと感情豊かで楽しい人生を送りたいです♪

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。