ウォーキング前中後の飲食方法!効果10倍♪全く太りません

  • LINEで送る
ウォーキングと食事

せっかくウォーキングするならそれに合わせて水分・食事も効果的に摂りたい!

僕は30代後半でも高校生の頃とほとんど変わらない体型を維持しています。その効果的なウォーキング前・中・後の飲食方法をご紹介します。

朝のウォーキング

ここでは朝にウォーキングをするという前提でウォーキング前中後の飲食について書いていきます。

なぜウォーキングは朝がよいのかというと、

  • 脂肪燃焼が最も効果的
  • 生体リズムが整う
  • ホルモン分泌による脳の活性化

という効果があるからです。
参照:効果的なウォーキングの時間帯は朝昼夜のいつ?朝です!

朝目覚めてから、ウォーキング前、ウォーキング中、ウォーキング後について、それぞれ飲食はどうしたらいいのか?についてみていきます。

ウォーキング前の飲食

朝ごはんはNG

最も注意すべき点です。オプティマルヘルス(最上の健康状態)を目指すなら朝ごはんはNGです。しっかりと抜いてください。

理由1

朝ごはんを食べると、ウォーキング中に使うエネルギーは朝ごはんで食べたものになります。体内の脂肪が燃焼されにくくなります。ウォーキングは空腹時に行うのが最も脂肪燃焼効果が高まります。

理由2

現代人はカロリー過多、ビタミン・ミネラルの栄養不足気味です。ただでさえ、カロリー摂りすぎなのに、朝ごはんでさらにカロリー摂る必要はありません。朝ごはん抜きの習慣をつけてください。

理由3

食事からみる24時間周期3つのサイクルでも書かれているとおり、食事をした後の「消化→吸収→排泄」サイクルの中で、午前中は「排泄」が最も活発になる時間帯です。体が排泄に集中できるようにしましょう。朝ごはんを食べると消化にエネルギーを使ってしまいます。

理由4

朝ごはんを食べて、胃の中に食べ物が入っている状態でウォーキングをすると、わき腹が痛くなることもあります。そうなるとウォーキングどころではなくなってしまいます。

こういった理由から、朝ごはんは抜きましょう。

フルーツは…

ウォーキング前はフルーツもできれば食べないほうがいいです。消化プロセス(果物・野菜・炭水化物・タンパク質)をみると、果物は人間にとって消化済み状態なので、上記の「排泄」サイクル(午前4時~正午)で摂っても問題はありません。

でも、ウォーキングの脂肪燃焼効率を上げるためには、フルーツもNGです。フルーツを食べると果糖をとることになります。この果糖がエネルギーになってしまいます。つまり、脂肪燃焼をする前に果糖をエネルギーとして使ってしまいます。ウォーキング開始後、脂肪燃焼するまでに時間がかかってしまいます。

水分を摂る

寝起きは体が水分不足になっています。水分はしっかりと補給しておきます。ご存知だとは思いますが、お茶、コーヒー、清涼飲料水などは水分ではありません。

水分とは、ミネラルウォーターなどの「水」です。起きてからウォーキングに出かけるまでにグラス2杯ほど(400~500ml)の水を飲んでおくとよいでしょう。

これくらいの水を飲んでおくと、春・秋・冬でしたら、1時間ほどのウォーキングでしたら途中で水分補給なしでも大丈夫です。ウォーターボトルを持ち歩かなくてもウォーキングができるので身軽です♪

ウォーキング前は…

  • 水のみ
  • 朝ごはんはNG
  • フルーツもさける

ウォーキング中の飲食

ウォーキング中は特に食事はしないでしょう。注意点は水分補給です。夏など暑い日は汗が大量に出ますので、水分不足にならないように注意してください。

夏場はウォーターボトルなどを持ってウォーキングするとよいでしょう。春・秋・冬はウォーキング前に500mlほど水を飲んでおけば途中水分補給する必要はさほどないでしょう。

ただ水分補給の必要性は個人差もあります。あまりにノドが乾くようでしたら、夏以外でもウォーターボトルを持ち歩き、いつでも水分補給できるようにしておきましょう。

ウォーキング中は…水のみ

ウォーキング後の飲食

水分補給

まずは水分補給をしましょう。500ml(グラス2杯)くらいの水を飲むとよいです。

フルーツOK

ウォーキング後はフルーツ(生の果物)はOKです。フルーツに含まれるビタミン類は疲労回復に効果的です。体の乾きもフルーツの水分で補えるのでリフレッシュします。

フルーツを搾ってフレッシュジュースにすると酵素が増えてさらに効果的です。酵素をいっぱい摂ると健康にもよいです。
参照:酵素とは?酵素のパワーで健康度が決まる!

マルチビタミン・ミネラルのサプリメントも

フルーツを食べながら、さらにマルチビタミン・ミネラルのサプリメントも一緒に摂ると疲労回復・細胞活性化効果があります。

サプリメントを摂る場合、サプリメントに含まれる栄養素と同じ栄養素が含まれる、生の自然食品と一緒に摂ると、消化吸収効率が格段に上がります。サプリメントを吸収するのに必要な酵素がその食品に含まれているからです。マルチビタミン・ミネラルのサプリメントの場合、フルーツや野菜と一緒に摂るとよいです。

朝ごはんはNG

早朝からウォーキングに出かけていたら、ウォーキングから帰ってきてもまだ午前中のはずです。ウォーキング前と同様、食事からみる24時間周期3つのサイクルの理由から、朝ごはんは食べません。

朝ごはんを食べる習慣だった人は、最初猛烈にお腹がすくかもしれません。その場合はフルーツを食べてしのいでください。2週間ほどすれば、空腹感も感じなくなってきます。
参照:ウォーキングは食欲を抑える!楽々ダイエットができる方法

ウォーキング後は…

  • フルーツOK、フレッシュジュースにすると効果的
  • サプリメントも一緒に摂るともっと効果的
  • 朝ごはんはNG

正午を過ぎたら、普通に昼ごはんを食べてOKです。

最後に

ウォーキング前中後の飲食についてまとめました。一番のポイントは「朝ごはんを抜く」ということです。

僕はこのウォーキング前中後の食習慣にしているおかげで、30代後半になった今でも、高校生の頃とほぼ変わらない体型を維持できています。

せっかくウォーキングするなら、その前中後の飲食も徹底し、効果を高めていきましょう!

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*