歯茎から出血する原因の9割は歯周病?歯周病の予防と対処法

  • LINEで送る
歯茎から出血する原因の9割は歯周病

歯を磨く度に歯茎から出血し、暫く口内は血みどろ。ズキズキと痛みが走る歯周病。
歯周病を患っている人もそうですが、身近な人にも悪影響を与えているかもしれません。
そんな歯周病による悩みを改善する方法を紹介。

健康上の悩みは何ですか?

 

歯ぐきから出血

僕の知人は、歯を磨く度に歯茎から出血して口の中は真っ赤に染まる。歯を磨いた後も暫くヒリヒリと痛みが続く。たまに歯茎が赤く腫れあがり、口に含んだものや舌に当たる度に痛みが走る。そんな口内のトラブルに悩んでいました。
僕もその影響で、少し不快な思いをしたりすることが時々あり、何とかならないものか…と思っていました。

 

なぜそれで悩んでいるのですか?

 

歯を磨く度に出血

知人は、歯を磨く度に歯茎から血が出て、口の中が真っ赤に染まる。舌には鉄臭い血の味が広がり、歯磨き粉や水といった口に含んだものは全て赤く不気味な色になって出てくる。見た目も、口の中に広がる感覚も全てが気持ち悪く、時には吐き気がして、嗚咽することもあると言っていました。

 

歯を磨いた後暫くヒリヒリ痛む

血が出るということは、歯茎のどこかが傷ついているということ。知人いわく、特に歯の根元、歯と歯茎の境になっている部分が出血しやすいようで、暫くの間ヒリヒリと痛む。熱い・冷たい・辛いといった刺激の強いものを口に含むと、傷口が染みて、余計に痛みが増すようです。口の中が痛む間は、どうも気になってイライラしがちになるとも言っていました。

 

歯茎が赤く腫れる

これも知人が言っていた話ですが、歯茎の傷ついた部分から菌が侵入して、赤く腫れあがることがあります。触れば痛いので、極力触らないようにはしたいけれど、できる場所によっては舌が良く当たったり、食べたものが当たったりしやすく、1日中不機嫌になることもあったそうです。

 

イライラしているのが伝わって空気が重い

知人の歯茎が傷ついてズキズキ痛んでいる時、どうも眼光が鋭くなり、ガタガタと貧乏ゆすりをし出したり、「あー、痛いなぁもう…」と言っていたりと、僕でも「あ、イラついてるな…」ということがわかることがあります。空気も重くなるので、そういう時はあまり知人と一緒に居たくありません。

 

歯ブラシや洗面台が血の色に染まっている

旅先の宿泊施設や家に泊まる時など、部屋の設備を共有する場合、洗面台を共同で使用することになります。知人が歯を磨いた後の洗面台を見に行くと、歯ブラシや洗面台がうっすらと血の色で染まっていることがあります。見ていて心地よいものではなく、気分を害します。

 

一緒にご飯を食べる時に楽しめなくなる

僕がご飯を食べに行こうと知人を誘い、店でご飯を食べていると、「痛っ!」と急に顔を歪めて頬を手で押さえ始め、「歯茎が傷ついてて、染みる」と言われる。知人が急に痛がり始めるので、ビックリするし、「もしかして、無理して誘いに乗ってくれたのかな?」と思ってしまい、知人に対して申し訳ない気分にもなります。

僕は、せっかく楽しもうと思っていたのに、このことをきっかけに楽しめなくなります。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

顎の骨が溶け、歯が抜け落ちる

知人の口内で猛威を振るっている歯周病菌が出す毒素によって顎の骨が溶け始め、最終的には歯を支えられなくなることで歯がボロボロと抜け落ちるそうです。歯がなければ食べ物を噛むことができず、食事の時に歯ごたえを楽しむことができなくなってしまいます。食べれるものも減ります。

最近話題のインプラントは顎の骨が溶けて薄くなっているから不向き。入れ歯にしたとしても、毎日面倒な手入れをしなくてはならない。いずれにせよ、自分の歯がなくなるのは嫌なことです。

 

口臭が臭い

知人の口の中で大量に繁殖している菌が原因で口臭が発生。僕は臭いのは嫌なので、話すときはできるだけ距離をとります。距離をとっても、会話中も悪臭が鼻を刺激し続ける場合は、できるだけ短時間で済ませようとします。なので、自然と接触する機会が減るはずです。

 

動脈硬化を引き起こす

歯周病菌と動脈硬化は関係があると言われています。血管内に侵入した歯周病菌が出す毒素が原因で血管が炎症を起こし、血管を硬化させたり、血栓を作るように働きかけることで、動脈硬化を引き起こすそうです。

動脈硬化は心筋梗塞・脳梗塞といった重度疾病を引き起こす確率を上げます。急に激痛が身体に走って、気が付いたらあの世行きなんてことも。

知人がそうなってしまい、20代の時から僕が知人の葬式に参列して別れを告げるとかそんなことしたくありません。

 

食べるものを相手に合わせなければならなくなる

歯が抜けてしまえば、食べ物をかみ砕けなくなり、柔らかい食べ物しか食べることができなくなります。そんな状態の知人と一緒にご飯を食べに行くとなると、食べられる物が絞られるので、店選びをする上での最優先事項が柔らかい食べ物になります。

僕は、コリコリ・シャキシャキ・ガリガリといった触感のものが食べたいな…と思っても、そこは相手に合わせざるを得ないことも。店や食べる物を相手に合わせるのも面倒くさいし、我慢するのも嫌です。

 

どんな状態を望みますか?

 

一生自分の歯を維持

お互いに、一生自分の歯を健康な状態で維持。雑菌の攻撃などに負けず、生涯歯の役割を全うしてくれる。歯が健康な状態ならば、何の抵抗もなく、ニコっと歯を見せて笑うことができます。笑う機会も増えて、より明るく楽しい日々を過ごすことができます。

 

息爽やか

二人ともいつも息爽やかな状態ならば、口臭を気にする必要がなくなります。お互いの距離が近い状態でも、口臭以外のこと。例えば会話を盛り上げることに意識を集中させることができるので、自分も相手もより楽しい時間を過ごすことができるようになります。

 

何でも噛み砕いて食べられる

冷たい、熱い、辛い、硬いといった刺激が強かったり、顎の力が必要なものを口に含んでもへっちゃら。細かくかみ砕いて飲み込むことができる状態を維持していれば、それだけ色んな種類の料理を食べて楽しむことができます。

お互いにそんな状態を維持できれば、美味しいものを食べたときの幸福感、未知のものを食べるドキドキ感、そういったものをいつまでも味わえて共有することができます。

 

どうしたら、そうなりますか?

 

口内トラブルの主な原因としては、汚れが残りやすく、菌の繁殖を手助けしている。栄養不足で抵抗力が弱っている。の2つが考えられます。
歯周病の症状がある人は症状の改善に、まだ患っていない人は予防として、以下のことを実践することをオススメします。

日々の歯磨きの改善

道具や磨き方を変えることで、汚れを取り除き、菌が繁殖しづらい状態にすることができます。

自分に合った歯ブラシを選ぶ

毛の硬さはやわらかめ~ふつう

歯茎が炎症を起こしていて、出血しやすい状態の時はやわらかめ。そうでなければふつうを使うと良いそうです。硬すぎると歯自体を削り取ってしまうし、柔らかすぎると汚れをしっかり落とせないとのこと。

毛先の太さは細め~ふつう

毛先が細ければ、歯周ポケットと呼ばれている歯と歯茎の間の部分の歯垢を取り除くことができます。しかし、そのほかの部分。歯のかみ合わせ部分等の汚れを落とす力は落ちるそうです。

ヘッドの大きさは小さめ

ヘッドの大きさが小さいと、奥の細かいところにもブラシが届きやすく、磨きやすいそうです。

歯磨き粉は渇いた歯ブラシに1.5cm~2cm程

歯磨き粉に含まれる成分を効果的に発揮するのが目的なのだそうです。濡れた歯ブラシだと、歯ブラシに含まれた水分が歯磨き粉を薄める。歯磨き粉の使用量が少ないと、十分な効果が発揮できない。とのこと。

歯の根元や隙間を丁寧に磨く

歯の根元や歯と歯の間は特に汚れが溜まりやすい部分なので、丁寧に磨くと良いそうです。歯間ブラシや、デンタルフロスも効果的。

歯を磨いた後は水ですすぎ過ぎない

歯を磨いた後、水で口内をすすぎ過ぎると、せっかく歯についた歯磨き粉の成分が流されてしまいます。1~2回程度軽くすすぐのが良いそうです。

栄養補助食品

ビタミン・ミネラル類には、炎症を抑えたり、歯の再石灰化を促進させる効果があり、口内環境を健康な状態に保つのに有効だと言われています。ただ、普段の食事から得られる量では不十分なので、栄養補助食品を利用します。

摂ればちゃんと体内で分解・吸収されて、血液の流れに乗って全身に行きわたることが証明されているものを選ぶのをお勧めします。

 

最後に

 

歯茎の出血や痛みといった歯周病が引き起こす症状に悩んでいる人や、自覚症状はないけれども不安だという人がいると思います。
この記事が、口内の環境をより良いものにして、自分やその周囲の人もいつでも爽やかな気分で過ごしていける環境をつくるきっかけになれば嬉しいです。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。