痛風予防に効果的!薬に頼らず自力で尿酸値を下げる方法

  • LINEで送る
痛風予防

ある日突然足などに激痛の発作を引き起こす痛風。
原因として、尿酸値が高いことが考えられます。
激しい痛みに襲われる。食事制限を設けられる。
そんなことになる前に、尿酸値を下げる方法を紹介。

健康上の悩みは何ですか?

 

尿酸値が高い

僕の知人に、健康診断の結果、尿酸値が高いことを指摘され、痛風やその他の生活習慣病になるリスクが高くなっている状態になった人がいます。自覚症状はなくとも、着実に近寄ってくる病の足音。病の症状について話を聞くたびに不安や危機感が募っているそうです。
僕自身も、その悪影響を受けていて、何とかならないか?と悩んでいました。

 

なぜそれで悩んでいるのですか?

 

健康診断に引っかかったことがショック

僕の知人いわく、健康診断で尿酸値が高いと指摘されると、医師による診断を受けることを勧められるそうです。自覚症状もなく、まだ健康診断に引っかかるようなことはないだろうと思っていた時に、尿酸値が高いという通知が来た事が信じられず、ショックで落ち込んだそうです。

 

痛風になるかもしれない

尿酸値が高いと、痛風になる可能性が高くなるようで、知人は、「このままだと痛風になるかもしれない…耐え難いほどの激痛に襲われることになるかもしれない…」という恐怖心がつきまとうように。「痛風になる前に何とかしなければ…」というようなことを考え始めたそうです。

 

食事制限を強いられるかもしれない

知人は週に1回は店に行って食べる程レバーが大好き。しかし、レバーは尿酸値を高める作用があるということを知り、医者から「痛風になりたくなかったら暫く食べるな」とドクターストップをかけられ、暫く食べたくても食べられない日々を過ごすことになるかもしれないことに気を落としていました。

 

ご飯や飲みに誘いづらくなる

僕は友人と飲み食いしながら話をするのが好きです。面白い話題が出れば出る程、楽しいしあっという間に過ぎていきます。ただ、尿酸値が高いという健康上の問題を抱えた人と飲み食いするとなると、少なからず、注文するものや飲み食いするペースといったことに気を使ってしまいます。

何も気を遣わず、ただ楽しみたかったのに、楽しみきれずに中途半端。消化不良のまま終わってしまって、イラっとしてしまいます。何かと面倒だし、今後も誘うたびにこんなことになるかもしれないと思うと、誘うのもためらうようになります。

 

病状の話を聞いても面白くない

知人の健康診断に引っかかったという話は、本人にとってはタイムリーでカラダを張ったネタなのだろうけれども、僕個人としてはどうでもいい話で、何も面白くありません。

むしろ、笑いながら話していることに対して、「いや…笑いごとじゃないと思うんだけどな。事の重大さをわかっているのかな?」と思ってしまいます。

もっと面白くて楽しい話をしたいのに、全然笑えず、つまらないし、苛立ってきます。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

痛風を発症し、発作による激痛を味わう

痛風を発症すると、主に足の関節に激しい痛みが走ることがあるそうです。実際に痛風を患っている人に痛みの程度を聞いてみたところ、「めちゃくちゃ痛い!痛すぎて歩くことすらできない!!」と言っていました。知人が激痛に苦しむ姿はあまり見たくありません。

 

腎不全

尿酸が腎臓に溜まって結晶化することで、腎臓の機能が低下。腎不全になり、最悪の場合、定期的に人工透析をしながら、腎臓移植のドナーが見つかるのをただひたすら待つことになりうるそうです。知人が長時間器械につながれながら、生死の狭間でただひたすら連絡を待つ。会う度に弱っていく。知人に会うたびに僕の気が重くなっていきます。

 

尿を出す度に激痛

尿路に尿酸の結晶ができることで、尿を出す度に激痛が走るようになるそうです。場合によっては血尿になることも。尿を出すのは生理現象で、日に何回も行うものなのに、その都度激痛が伴うなんて辛すぎます。結石が取り除かれるまでの数日間は拷問の日々と化します。知人の尿意が来るたびに憂鬱な表情でトイレに向かう姿、「ヴ~」と聞こえてくるうめき声。僕の視覚や聴覚が捉える度に寒気がして、全身鳥肌が立ちます。

 

一緒に遊びに行けなくなる

遊びに行く約束をしていたのに、知人から「痛風の発作で足が痛いから行けない…」と連絡があって、予定をキャンセルすることに。知人が人工透析を受けるようになれば、週に2~3回の頻度で病院に通わなくてはならなくなり、健康状態によっては運動を制限されることも。

僕は、数日泊まり込みで遊びに行ったり、スポーツ等身体を動かすことが好きなので、どうしてもそういう人とは合わず、遊びに行けなくなってしまいます。一緒に遊びに行きたいけれど、行けないので、もどかしいし、残念な気持ちになります。

 

どんな状態を望みますか?

 

一緒に食べたい物を食べ、飲みたい物を飲める

氷がへばりついている冷えたジョッキに注がれた、キンキンに冷えたビール。採れたて新鮮で鮮度抜群!切り口がうっすらと輝いている刺身の盛り合わせ。他にもメディアで紹介されている絶品グルメなど、食べたい物を食べて、飲みたい物を飲むことができる。いつまでも楽しい時間を共有していたいです。

 

いつまでも各臓器が元気な状態

お互いいくつになっても内臓年齢が若く、消化器系は食べたものを消化/吸収/排泄。呼吸器系は酸素を取り込み、二酸化炭素を排出。循環器系は血液を循環させて酸素や栄養素を身体全体へ届ける。というように、各臓器が元気で各々の機能を存分に発揮している状態ならば、いつまでも元気でいられます。

 

いくつになっても自分の足で歩いたり走ったりできる

お互い70歳や80歳といった年齢になっても、自分の足で歩きたいときに歩けて、走りたい時に走れる。その時の足は、何の痛みもなく、軽やかに自分の思い通りにスタスタと前へ踏み出して、地面を蹴りあげることができる。いつまでもフットワークが軽くて楽しい日々を過ごしていたいです。

 

いつでも数日間遊びにいける状態

知人と話しをしている時に、「来週、1週間海外に遊びに行こう!」という企画案が出たときに「いいね!行こう行こう!!」とすぐに返答。現地で何をしようかな?どんなことが起こるかな?何を持っていこうかな?とウキウキワクワクしっぱなし♪現地についてからも、ひたすら旅行を満喫。

お互いに遊びつくして、もう満足だ!やりつくした!充実した1週間だった!と言って帰ってくる。そんなことができる状態でいたいです。

 

どうしたら、そうなりますか?

 

痛風の予防には、尿酸値を下げるのが効果的。

水をよく飲む

尿酸は尿に溶けて体外に排出されます。水分量が足りなければ、尿の生成量が少なくなり、排出できる尿酸の量が減ることで、体内に尿酸が蓄積しやすくなります。目安としては、体重の5パーセント程の水を毎日飲むようにすることで、尿酸を尿に溶かしてしっかり排泄。尿酸値を下げる効果が期待できます。

野菜中心の食生活

尿が中性~アルカリ性の間の方が尿酸は尿に溶けやすいそうです。野菜には尿をアルカリ性に傾け、肉や穀物、魚には尿を酸性に傾ける傾向があるそうです。なので、より多くの尿酸を体外に排泄させるためにも、野菜中心にするとよいそうです。

栄養補助食品

ビタミン・ミネラル類には、尿酸の排泄をスムーズにしたり、尿酸の生成を抑えたりする働きがあるとされているものがあるそうです。また、細胞にとって最適なバランス・量の栄養を摂ることで、細胞が元気になり、身体をより元気な状態にすることができます。

適度な運動

適度な運動を続けることで、基礎代謝を活性化。尿酸の生成→排泄までの流れをよりスムーズにすることができるそうです。肥満防止にもなります。日々の運動にはウォーキングがオススメです。ウォーキングは脂肪燃焼に効果的♪基礎代謝量もアップ!に書かれている3つのポイント

  • 20分以上歩き続ける
  • 空腹時にウォーキングをする
  • 頻度は週に4日以上

を守りつつウォーキングをすることで、足腰の筋力UP&基礎代謝量UP!!

 

最後に

 

健康上の問題は、本人だけではなく、周囲にも何等かの影響を与えています。
尿酸値が高く、不安や危機感を持っている方や、その周囲の方々が、この記事を読んだことをきっかけに、そういったものから解放される。
より明るくて楽しい、健康的でエネルギッシュな日々を過ごせるようになることを願っています。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。