ウォーキングシューズを正しく選ぶ7つのポイント!

  • LINEで送る
ウォーキングシューズ選び7つのポイント

ウォーキングシューズはついつい「人気のシューズ」や「デザイン」で選びがちです。それでは足に合わないシューズを買うことになり、疲労やケガにつながります!

ウォーキング専用シューズでウォーキングをする重要性、そしてウォーキングシューズの正しい選び方をまとめます。この記事を読んで、自分にあった最適の一足を選んでください。

間違ったウォーキングシューズ選びで起こる症状

足に合わないシューズでウォーキングを続けると、疲れやすかったり、足を痛めたりします。軽い症状だと、しびれ、くつずれ、爪内出血などがあります。さらに以下のような症状が起こったりします。

大きいシューズを履いているとおこる症状

小さいシューズを履いているとおこる症状

  • ハンマートゥ(槌指)
  • 腰痛
  • 踵痛
  • 筋緊張
  • 足のツメにダメージ
  • 足が変形
  • シューズが壊れやすい
  • 疲労がたまりやすい

このような症状を起こしてはウォーキングが続けられなくなってしまいます。そうならないためにも、自分の足にぴったりあったシューズを選ぶことが大切です。
参考:FIT GUIDE New Balance Japan

足に合わないシューズはケガや疲労のもと!

ウォーキングシューズとランニングシューズの違い

それでは足に合っていればどんなシューズでもいいのでしょうか?例えば既に持っているランニングシューズでもいいのでしょうか?

実際にランニングシューズなどの他のシューズでウォーキングしても、短時間では、体への負担や疲れを感じることはないでしょう。

ただ、ウォーキングはランニングとは違い、1時間、2時間と長時間行う人も珍しくありません。そのような場合に、ウォーキングシューズでないと疲れを感じやすくなります。長時間になればなるほど、ウォーキングシューズと他のシューズの違いが顕著に現れます。

ウォーキングとランニングを比べた場合、フォームが異なるため足の裏にどのように負荷がかかるかが変わってきます。そのためにシューズの作りに違いが出てきます。例えば以下のような違いがあります。

ウォーキングシューズ ランニングシューズ
重い 軽い
耐久性が高い 衝撃に強い
安定性が高い 柔らかい
靴底が厚い 通気性が良い

ウォーキングは、”かかと”をつき”つま先”でけり出す、という動作から、ウォーキングシューズは、かかとのクッション性に秀でた設計となっています。

ランニングは必ずしもそうとは限りません。かかとから着地したり、つま先で着地したりと人により異なります。

こういった理由から、ウォーキングにはウォーキングにぴったり合った設計のシューズが好ましいです。

ウォーキングにはウォーキング専用のシューズを!

ウォーキングシューズを選ぶ7つのポイント

それではウォーキングシューズを選ぶポイントを具体的に見ていきます。まず大前提として、ウォーキング専用のシューズから選びます。その中から気に入ったものをピックアップします。

そして試し履きをします。試し履きは必ず両足とも履いてください。靴ひもを緩め靴を履き、靴ひもをしっかりと締め結びます。そして以下7つの点をチェックします。

  • つま先に1cmほどのスキマがある
  • 歩いた時にかかとが擦れない
  • 足囲・足幅が窮屈でない
  • つま先を地面につけたままかかとが上がる
  • 歩いた時にくるぶしが擦れない
  • 足首を自由に動かせる
  • その他、歩いた時に違和感が無い

少々面倒ですが、これからのウォーキングライフを楽しむためにも、妥協せずにチェックしてください。

さらにこだわる方へ

もっとウォーキングシューズにこだわりたい場合は、まずご自分の足のサイズを正確に計り、そのサイズのシューズから選びます。

足のサイズの測り方は以下のサイトが参考になります。
ウイズ計測 New Balance Japan

またミズノのインソール工房というサービスもあります。コンピューターで足のサイズや形状、足底の圧力やクセを測定し、自分に合ったシューズや、インソール(中敷き)を提案してくれます。

ウォーキングシューズは実店舗で購入する

もうおわかりでしょうが、ウォーキングシューズは必ず実店舗で購入してください。ネット通販でも購入できますが、通販で買ったシューズが足にぴったりフィットするなんてことは、まずありません。

店舗での購入にあたり、気をつけることを書いておきます。

  • ウォーキング時に使用する靴下を履く
  • 店員(専門家)に相談する

試し履きの時には、ウォーキング時に使用の靴下を履いてください。靴下により、シューズのフィット感がかなり変わります。

専門家に相談しながら選ぶと失敗しにくくなります。自分の判断よりも専門家の方が的確でしょう。

最後に

自分の足に合わないシューズは、余計な負担がかかって疲れやすかったり、怪我につながったりします。そうなるとウォーキングのモチベーションも下がります(TT)

ですので、ウォーキングシューズは「人気」や「デザイン」ではなく、自分にあったシューズを選ぶことが大切です!

さぁ、靴屋さんに出かけましょう!!!

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*