辛い膝の関節痛を改善する方法

  • LINEで送る
膝の関節痛改善

以前は膝が痛くて階段を上ったりすることができないと悩んでいた人が、
今では、痛みがほとんどなくなり、階段もスイスイ上れるように。
僕の知り合いが実践して効果を感じた方法を紹介します。

健康上の悩みは何ですか?

 

膝の関節痛

僕の周囲、特にご高齢の方に多い悩みが膝の関節痛。
片側の膝だけ痛いという人。両膝痛いという人。いずれも膝が痛くて、普段の生活に影響が出ているそうです。
話している時の様子は、本当に辛そうです。

 

なぜそれで悩んでいるのですか?

 

痛い

少し膝に力を入れると、ビキビキィ!と膝に痛みが走るそうです。
かなり痛いらしく、目を細めて・歯を食いしばり、何とも言えない声を発しています。
立ち上がろうとしたけれど、座り込んで膝を抱え込み、痛みが引くまで暫く摩ることもしばしば。
痛みが酷い時は期限も悪く、たまに舌打ちすることも。
見ているだけで辛そうで、見るたびに「こうはなりたくないな…」と思うほどです。

 

段差を上り下りするのが辛い

段差を上り下りする時などは、膝に特に負荷がかかるようで、激しい痛みがともなうそうです。
以前は、2階の部屋を掃除するために、掃除機等の掃除道具を手に持ったままスタスタと階段を上って行けたのに、
今はもう痛くて辛いから、ほとんど2階へは上っていないんだそうです。

 

できることが減ってきて、老いを感じる

「走る」「ジャンプする」「重いものを持ち上げる」といったことがドンドンできなくなってくる。
当たり前にできていた時のイメージが記憶に焼き付いているので、ついつい現状と比較してしまい、
「以前はできたのに…」「膝さえ痛くなければ…」とショックで落ち込んでしまうそうです。
できることが減れば、楽しみも減っていくので、毎日がつまらなくなってしまいます。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

症状が悪化して、膝の手術が必要になる

半月板と軟骨がすり減って、膝の骨と骨が直接ぶつかる状態になると、関節はスムーズに動かないし、これまで以上の激痛がともなうそうです。
半月板や軟骨の状態によっては、除去したり、人口の関節を埋め込んだりといった手術をするケースがあります。
身体にメスを入れるのは怖いし嫌です。そんな大事になる前に何とかして食い止めたいです。

 

杖や車いすが必要な生活に

足腰の筋肉の衰え、膝の関節痛の悪化などの要因でもう自力では立ったり歩いたりすることが困難に。
最悪、杖や車いすといった道具に頼らないと生活できなくなってしまう。
何かと生活が不便になるので、ストレスが増えるだろうし、
僕は、いつまでも杖等の道具を使わず、スタスタと歩いていたいと思っているので、
そうなった時点でショックで暫く立ち直れないと思います。

 

体型がグチャグチャになる

動かすと痛いから…という理由でずっと動かさないでいると、特に足腰の筋肉はみるみるやせ衰えていきます。
筋肉量が落ちると、それだけ基礎代謝量が低下。筋肉のかわりに脂肪がつきやすくなり、以前は筋肉でカッチカチだった身体は、
脂肪でブヨブヨに。以前の面影がないくらい体型は変化します。
もうグチャグチャです。自分の身体を見たり触ったりする度に現実を突きつけられて落ち込みます。

 

どんな状態を望みますか?

 

いくつになっても自分の足で歩き回れる

いくつになっても、杖や車いすといった道具に頼ることなく、自分の足の力で行きたいところに歩んでいける状態。
それだけで、気持ちは明るくなるし、外に出て新しい刺激を探すようになります。
「今日はどこに遊びに行こうかな?」というくらい毎日ワクワク楽しい日々を過ごしたいです。

 

スポーツをすることができる

僕は趣味でテニスやバスケをやっています。年だから…という理由で辞めたくありません。
いつまでもやっていたいです。他にも、新たにやってみたいと思ったものはやることができるようにしておきたいです。
身体を動かすからこそ得られる楽しい感情。出会える人。そういったものをいつまでも感じていたいです。

 

適度な筋肉がついている

太すぎず細すぎず、適度な筋肉が足腰についている状態だと、筋肉量が多いので、基礎代謝量も高い状態を維持できます。
基礎代謝量が高いと、エネルギーを多く消費できるので、太りにくく、やせやすい体質に。
足腰だけではなく、身体全体を筋肉質な状態で維持することができます。
70、80歳になっていても、細マッチョ。それだけでカッコイイし、自信になります。

 

どうしたら、そうなりますか?

栄養補助商品

グルコサミン・コンドロイチン等、関節を形成する成分と言われている栄養素を摂取することで、日々使ってすり減った半月板や軟骨を補強。
関節に伝わる衝撃を和らげる・関節の動きを滑らかにするという役割を持つ半月板と軟骨が復活すれば、痛みは軽減されるはずです。

ウォーキング

ウォーキングは脂肪燃焼に効果的♪基礎代謝量もアップ!によると、
ウォーキングをすることで、足腰の筋力をバランスよく強化することができます。
足腰の筋力が適度につくと、関節へかかる負荷を軽減することができます。
また、脂肪を燃焼しやすくなるので、余分な贅肉が落ち、体重が軽くなるので、それだけ膝にかかる負荷も減らすことができます。
ポイントは3つ

  • 20分以上歩き続ける
  • 空腹時にやる
  • 週4日以上の頻度

これらをやることで徐々に効果が出てくるそうです。

ウォーキングをするにも、膝に痛みがあってキツイ…という方もいると思います。
その場合は、まずは栄養補助食品で半月板や軟骨を強化。痛みが取れてきたら、ウォーキングを開始するという流れがいいと思います。
なので、実践する順番は、

  1. 栄養補助食品
  2. ウォーキング

となります。
無理をすると逆効果なので、自身の膝の状況に合わせて行ってください。

 

最後に

 

僕が出会った人の話では、これらを実践することで、症状を改善することができたそうです。
やりすぎは禁物なので、無理のないようにしてください。
これらを実践することで、痛みがなくなり、より人生が楽しくなれば嬉しいです。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*