身体が硬くて全身カッチカチの状態を改善する方法

  • LINEで送る
身体が硬くてカッチカチを改善する方法

以前は、前屈をしても指先がつま先に全く届かない程身体が硬かったのですが、 今では、手首がつま先に届くまで柔らかくなりました。 その方法を紹介します。

健康上の悩みは何ですか?

 

身体が硬い

前屈をしても手が足先に届かない。股割りができない。 ちょっと無理な姿勢をすると、ビキビキィと痛みが走る。 今のうちからこんなに身体が硬かったらこの先どうなるんだろう? 大丈夫かな?ケガしやすいんじゃないの? という漠然とした不安もあり、身体が硬いことに悩んでいました。

なぜイヤなのですか?

 

身体が硬いといじられて恥ずかしい

サークルなどの集まりでケガの予防にということで柔軟体操をします。 その時、身体が硬くて、つま先に手が届かないと、 「えっ!届かないの?それひどすぎるよ!身体硬いな(笑)」 と大勢の人の前でいじられます。それがとっても恥ずかしくて嫌です。 同時に馬鹿にされているようですっごく腹が立ちました。

筋肉が凝り固まって痛い

首や肩、その他の筋肉が凝り固まって、ビキビキィ…と痛みが走る。 あの痛みが苦痛でしょうがない。 いっそのこと取り換えがきくなら取り換えたいくらいです。 凝りが酷いと、ストレッチをするのも、マッサージをするのも痛いので、 長く続きにくいです。

可動域が狭くて、やりたい動作ができない

僕は趣味でボルダリングをやっています。 ボルダリングは壁に打ち込まれている突起物を利用して、スパイダーマンみたいに上っていくものです。 壁を上る時、あと少し股が開けば足を引っかけられるのに、引っかからない…。 足がもう少し上まで上がれば…。といった理由で上りきれずに悔しい思いを何度もしました。

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

肉離れを起こしやすくなる

筋肉に柔軟性がない状態で無理な動きをすると、ブチブチ…と筋繊維が断裂して肉離れを起こしやすくなるそうです。 肉離れを経験したことのある知人に話しを聞くと、ブチブチ…と筋繊維が切れる感覚がわかり、 数週間痛みがともなったそうです。 筋繊維が千切れる感覚は体感したくありませんし、その後の痛みも嫌です。

疲れが溜まりやすくなる

筋肉が硬いということは、縮こまっていて血流が悪いということ。 乳酸等の疲労物質が溜まりやすくなり、疲労しやすい体質になるそうです。 いつも身体がダルくて重い。ちょっと動けば筋疲労で力が入らなくなってきて、 踏ん張りがきかない。休んでもなかなか回復することがない。 それが嫌で運動することをやめて、ただ食べていたらデブ街道まっしぐらです。 そんなのまっぴらごめんです。

猫背など、姿勢が悪くなる

筋肉が凝り固まる影響で、姿勢が徐々に悪くなることがあるそうです。 背中が丸まり、肩は前のめりに。 胸を張ることができなくなって、自信がないように見える。 そのままの状態で放置すれば、直立することもできなくなってしまうかもしれません。 姿勢が悪いとそれだけで気分も落ち込みますし、絶対にそんなことになりたくありません。

どうなりたいですか?

 

各関節の可動域が広い

背面で合掌をすることができたり、相撲の力士みたいに股割りができる。 それくらいの柔軟性を持っていれば、ヨガの複雑な姿勢ができる。 ボルダリングならこれまで上れなかったところを柔軟性を生かして上ることができる。 できることの可能性が広がるので、とってもワクワクします!

スラっとしていて、筋肉質な体を維持

いわゆる細マッチョです。スラっとしていて、筋肉質な身体を維持できれば、 自信を持てます。夏場に、海やプールへ遊びにいった時など、 ほぼ裸状態になる場面でも、なんの躊躇もなく堂々としていられます。 それなりに力も出るので、重いものを運んだり、スポーツでも当たり負けしません。

姿勢が良い

歩いていても座っていても、胸を張り、背筋はピンと伸びている。 いつも姿勢が良くて、相手に良い印象を与えられる状態。 堂々としていて、自身があるように見えるので、 お客様と商談をするときは、相手から信頼を勝ち取る確率が上がる。 コンパに行けばモテる確率も上がる。 といったいいことだらけ。無意識でそれができるようになれば最高!

どうしたら、そうなりますか?

 

ストレッチ

ストレッチをすることによって、筋肉や血管が伸び縮みを繰り返し、柔軟性が高まります。 筋肉や血管が柔らかく柔軟性のあるものになることで、関節の可動域も広がり、 動きがしなやかになるそうです。継続してやるとより効果的とのこと。

ウォーキング

ウォーキングは全身を動かしますし、自然と姿勢がよくなります。 また、ウォーキングは脂肪燃焼に効果的♪基礎代謝量もアップ!によると、 ウォーキングをすることで、脂肪を燃焼しやすくなり、太りにくい体質になるそうです。 スラっとしていて筋肉質な身体を手に入れるのも夢じゃありません!

実際にやってみたことは何ですか?

 

ストレッチ

僕が普段やっているストレッチの動きが全て載っている動画がありました。
↓↓↓


※音声が出ます。
この動画でいうと、以下の時間帯に紹介されているストレッチをやっています。

部位 開始時間 終了時間
2:58 5:20
5:40 7:00
手首 10:38 11:22
12:46 14:35
背中 22:47 25:25
27:32 28:55
ひざ裏・太もも裏 38:38 44:38
もも表・股関節 52:51 59:08
アキレス健 59:32 1:01:00

これらを毎日風呂上りなど身体が温まっている時に行います。呼吸は止めずに「息を吸う」「息を吐く」の割合を1:2になるようにしつつ、各動作を大体1分間くらい無理のない程度に伸ばし続けます。

ウォーキング

ウォーキングは脂肪燃焼に効果的♪基礎代謝量もアップ!に書かれている方法

  • 20分以上歩き続ける
  • 朝一など空腹の時にやる
  • 歩くペースは1分間で120歩(1秒で2歩)を維持
  • 週4日以上やる

を常に意識しつつやりました。 ウォーキングは河川でやるのがオススメです。 信号など歩みを止める要因がないので、歩き続けることができます。   実際にやってみると、即効性はなかったのですが、 前屈をする際、足先と指先の距離が徐々に狭まってくるように。 ストレッチをやり始めたころは伸ばしたところが痛かったのに、次第に痛まなくなってきました。 いまでは、手首がつま先につくところまで柔らかくなりました! 以前は「身体硬いな!」と言われていましたが、今では「柔らかいな!」と言われるように。

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

ストレッチのレベルアップ(ヨガに挑戦)

これまでは、ネットでたまたま見つけたストレッチをずっとやっていましたが、 それだけでは限界を感じるようになりました。 ヨガはある程度身体が柔らかくないとできないのではないか?というイメージを持っていたので、 ストレッチである程度身体が柔らかくなるまでは…ととっておいてました。 ある程度身体は柔らかくなったので、そろそろ挑戦してみようかと思います。

今後の抱負は何ですか?

股割りができるくらい柔軟性があって、スラっとしていて筋肉質。 姿勢も良くて見た目の印象も上昇!相手に好感を与えやすくなって、人間関係もより良いものに。 そんな身体を手に入れられるように、これまでのことも継続してやりつつ、 新たにヨガに挑戦しようと思います!

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*