1日中イライラする!ストレスによる症状の改善方法

  • LINEで送る
イライラ・ストレス改善方法

以前は、1日中イライラしていて、やりどころのない怒りをどうしたらいいのか困っていました。
今は大分心に余裕ができて、些細な事ではイラっとすることがなくなってきました。
そんな方法を紹介します。

健康上の悩みは何ですか?

 

いつもイライラする

1日中気が立っていて、いつもイライラしっぱなし。
リラックスすることもできないし、何かと些細なことが目について気になる。
どうでもいいことにいちいち反応してはイラっとする。
そんな状態をなかなか抜け出せない事に悩んでいました。

 

なぜイヤなのですか?

 

心身共に疲れる

1日中気が立っていてイライラ。気を落ち着かせてリラックスすることができないので、
それだけで精神的に疲れます。イライラしていると、身体に余計な力が入るので、
身体的にも疲れます。
苛立ちと疲労は最悪の組み合わせ。苦痛でしかありません。

 

五感が敏感になり、気が散る

作業をしている時に、
チリやほこり、小さな虫などが目につく。
空調の「ゴー」という音がやたら大きく聞こえてくる。
近くの席の人が栄養ドリンクを飲み始めたことに匂いで気付く。
普段なら気にならないどうでもいいことに過敏に反応してしまいます。
意識がどうしても他のことに割かれるので、気が散って仕方がありません。「もう、なんだよ!」と余計イライラします。

 

イライラしていることを表に出してしまう→空気が重くなる

たまに、どうしても感情を抑えられず、物を雑に扱ってしまったり、
話すときの口調が攻撃的なものにかわり、語尾が強くなる。
眉間にシワを寄せて目つきがきつくなる。
というように、態度に出してしまうことがあります。
その場の空気を乱すので、イライラが収まった後に「やってしまった…」
と後悔するあの後味の悪さが気持ち悪くて嫌です。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

友達をなくす

いつもイライラしていて、周囲に怒りをまき散らす人。
関わっていても不快な思いをするだけなので、そんな人と付き合いたい人はそうはいないと思います。
元々友達だったとしても、極力かかわらないようにすると思うので、友達は徐々に減っていきます。
気付けば、自分の周囲に誰一人友達がいないなんて、寂しくて耐えられません。

 

器物損害・傷害といった事件に発展する

怒りに耐えられず、感情に任せて暴れれば、いつかは公共のものを壊したり、
人を殴りつけたりする可能性だってあります。
これらの行為は、日本では器物損害・障害といった犯罪として処理されます。
こんなことで残りの人生を無駄にするなんて馬鹿らしいし、絶対に嫌です。

 

精神疾患と診断されて、カウンセリングと薬漬けの日々を過ごす

ずっとイライラしていて、些細なことでキレて発狂。何もやる気が出ず、いつも憂鬱。
生活リズムが乱れて眠れない。そんな状態になると、精神疾患と診断されて、
カウンセリングと薬漬けの日々を過ごすことになるかもしれません。
何も面白くなく、苦痛の日々を過ごすのは御免です。

 

どうなりたいですか?

 

ポジティブに物事を捉えて考えられる

僕は営業の仕事をしていて、お客様のところに足を運んで、商談をしたりすることがあります。
電話越しや、対面で断られることなんて日常茶飯事です。
その度に「あぁ、断られた…」と落ち込んでいてはやってられません。
その時に、「やった!いい勉強になった!次は上手くいく!!」といったように
ポジティブに捉えられれば、モチベーションを高く維持できます。
切り替えも早くできるので、行動に移るスピードも増し、いい結果を掴み取れやすくなります。
ジャンジャンいい結果が舞い込んで来たら最高!

 

心にゆとりがある

どんなに忙しい時でも、パニックになることなく、落ち着いて迅速に適格な判断をすることができる。
それだけ精神的にゆとりのある状態でいられれば、視野が広がり、自分のことだけではなく、
常に周囲に気を配れるように。
気が利いて、落ち着きのある人って魅力もあって素晴らしい!

 

時間や場所に関係なく、1つのことに没頭できる集中力

例え周囲が騒がしくて集中しづらい環境でも、必要に応じて、自分がすべきことに焦点を合わせられて、
必要ない情報は全てシャットアウト。それだけの集中力を手に入れられたら、
作業効率が大幅にアップ!短時間で作業を終えることができるように。
作業が面白いようにサクサクできれば気持ちいいです。

 

どうしたら、そうなりますか?

 

ストレスは脳で感じているようなので、脳のストレス耐性を上げれば良いようです。

ウォーキング

ウォーキングはストレス解消にも最適!その理由は…によると、
歩くことで、快楽ホルモンが分泌されて、ストレスを解消する効果があるそうです。

栄養補助食品

ビタミン・ミネラル・タンパク質などは、ストレスへの耐性を高める効果があるそうです。
食事だけでは十分な栄養素を摂取することはできないので、不足した分を栄養補助食品で補います。

睡眠の質の向上

睡眠はストレスを解消するのに大きな役割を担っていると言われています。
睡眠の質を上げることで、脳内ホルモンのバランスを整えてストレス耐性を上げられるようです。

 

実際にやってみたことは何ですか?

 

ウォーキング

ウォーキングはストレス解消にも最適!その理由は…に書かれている方法を実践。
・歩くときは40分以上続ける
・歩くペースは1分間で120歩(1秒間で2歩)をキープ
この2つを可能な限り守りました。
一定のリズムで一定時間歩き続けることで、快楽ホルモンが分泌されやすくなるそうです。

栄養補助食品

マルチビタミンミネラル、プロテインを食事をするタイミングで摂取するようにしました。

 

ウォーキングはやってみると即効性がありました。
歩き始めてから20分ぐらい経った頃から、快楽ホルモンが脳内で分泌され始めるようで、
だんだん気持ちよくなってきます。
40分を超える頃には、頭の中はスッキリしていて、とてもいい気分になります。
栄養補助食品の効果もあったようで、
以前はイラっとしていた出来事も、客観視することができるようになり、
イラッとすることが徐々になくなっていきました。
ストレスから大分解放されたので、かなりスッキリしました!
これからも、もっとストレス耐性を高めていって、ストレスにさよならします。

 

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

睡眠の質の改良(寝具を変える)

現在、寝具は安物で適当に選んだものを使っています(笑)
寝返りを打ちにくかったり、寝心地が悪くてリラックスできないと、
睡眠の質が下がるようです。
大分痛んできていて、寝心地も悪くなってきているので、思い切って変えてみようかと思います。

 

今後の抱負は何ですか?

 

いつもポジティブに物事を捉えられて、心にゆとりがある。
時間や場所に関係なく、いつでも自分の作業に没頭できる集中力もある。
そういう状態を手に入れられるようにこれからも色々とチャレンジしていこうと思います。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*