紫外線の種類~UV-AとUV-Bの違い~

  • LINEで送る
紫外線

夏が近付くと、よく耳にする「UV-A」や「UV-B」。
「紫外線ってことは分かるんだけど、イマイチよくわからない・・・」
って人、多いのではないでしょうか。

実は紫外線に注意しなければならないのは、夏でけではありません!
紫外線とは何なのか?
を理解し、紫外線から自身を守りましょう♪

紫外線は、太陽光線(電磁波)の中の一種です。
太陽光は波長によって、「赤外線」「可視光線」「紫外線」に分類されます。
(詳しくは紫外線(UV)とは?!~意外と知らない紫外線の正体~をご参照くださいね^^)

 

紫外線
出典:環境省「紫外線環境保健マニュアル」

 

この3種類の中で、波長が最も短いのが「紫外線(UV)」です。
紫外線(UV)には、「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波」「UV-C(紫外線C波)」の3つがあります。

それでは、その3種類の紫外線について詳しくみていきましょう。

UV-A(紫外線A波)

紫外線の中で、一番波長が長いのがA波で、太陽光線のうち約90%を占めています。
季節や時間帯、天候ではあまり減衰しません。
年間を通して地表へ到達しますが、紫外線の中では最も害が少ないとされています。
ただ、A波はオゾン層を通り抜けやすく、常時、B波の20倍以上も地上に降り注いでいるそうです。

UV-Aの影響

B波と比べて、肌に急激なダメージを与える作用は弱いのですが、肌に蓄積的なダメージを与えます。
活性酸素を発生させるエネルギーは紫外線B波よりも強いので、長い時間をかてけて肌の深い部分(真皮層)までで侵入し、コラーゲンを破壊してしまいます((ノ)゚Д゚(ヽ))ヒィー!!
ですので、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす「サンタン」の原因になります。
また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もありますが、同時にメラニンを生成する事で紫外線から肌の細胞を守る役割も果たします。
ただ、長時間浴び続けると、「光老化」というシミやシワが発生します。

「アレっ?!いつの間にか焼けてる!」
とか、
「この日焼け、いつになったら消えるんだろう・・・??」
「気付いたら、肌にハリがなくなってる・・・」
っていう日焼けが、このA波による日焼けです。

陽に当たった直後は目に見えて影響を感じないので油断してしまいそうですね!
でも、ジワジワと真皮を破壊してメラニン生成するので、要注意です!

UV-B(紫外線B波)

B波は紫外線の中で中程度の波長をもつ紫外線です。
地表への線量は全体のわずか10%程の紫外線ですが、A波と比べて影響力が物凄く強く、A波と比較すると、なんと最大で1000倍(!)の有害性(i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ
真夏は真冬の5倍も届くと言われています。

UV-Bの影響

A波は真皮層まで到達しますが、B波は肌の深い部分までは届かず、肌の表面(表皮層)に強く作用します。
そのため、例え短時間でも浴びただけでも、肌が赤くなる「サンバーン」を引き起こす作用があります。
炎症や肌荒れ、老化の原因となるだけでなく、眼球に対しても強い作用を起こし、長期に大量に浴びると失明の危険もあります。
皮膚ガンや白内障、免疫力低下などの健康被害にも及びます。
肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのが、B波です。

南の島へ遊びに行ったり、強い日差しを浴びた後に、水ぶくれのように赤くなる日焼けがB波による日焼けです。
真っ赤になって、熱を持って、ヒリヒリ痛いです(>_<)
それだけで済めばまだ良いのですが、免疫力低下や失明、皮膚ガンの可能性があるって・・・怖いですね・・・

UV-C(紫外線C波)

この3種類の紫外線のうち、C波のみ、地上に到達しません。
酸素に吸収せれ、オゾン層の原料になります。
C波は殺菌作用が強く、生物に対する破壊性が最も強いとされていますので、(地上に届かないのでこんなことはありませんが)もしC波を浴びた場合、A波やB波とは比べ物にならないくらい人体への影響があります。
地球温暖化やハロン系物質によってオゾン層の破壊が進んでしまうと、C波が地表に到達してしまい、あらゆる生物に影響を及ぼしてしまう事が懸念されています。

サンタンとサンバーン

「サンバーン(sunburn)」も「サンタン(suntan)」も、日本語ではどちらも「日焼け」と呼ばれていますが、紫外線ばく露からの日数による影響で名称が違います。

紫外線と日焼け
出典:環境省「紫外線環境保健マニュアル」

 

  • サンバーン :UV-Bで起こる。紫外線にばく露した数時間後から現れる赤い日焼け(紅斑)のこと。(日やけによる炎症反応)
  • サンタン:UV-Aで起こる。赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヵ月続く黒い日焼けのこと。(色素沈着反応)

紫外線と日焼け
出典:環境省「紫外線環境保健マニュアル」

まとめ

オゾン層が健在な限り、紫外線にはC波も存在はしているのですが、私たちに直接影響するのはA波とB波です。

紫外線の影響
出典:東海大学総合科学技術研究所

 

日頃から、真夏の日中に外出する時以外はあまり意識しない人もいるようですが、紫外線は思った以上に人体への影響があります。
紫外線からしっかり身を守っていきたいですね!

紫外線
出典:日本ロレアル株式会社

 

  • 紫外線の波長は、A波が一番長く、中くらいがB波、C波が一番短い
  • UV-Aは、太陽光線のうち約90%を占めている
  • UV-Aの量は、天候や季節、時間帯によってあまり減少しない
  • UV-Aは、真皮にまで影響を及ぼす
  • UV-Bは、真夏は真冬の5倍も届くと言われている
  • UV-Bは、表皮に影響を与える
  • UV-Bは、A波と比べて生体への影響が強い
  • UV-Cは、オゾン層の原料になっている
  • UV-Cは、直接肌に影響しない
  • UV-Cは、殺菌作用が強く生物に対する破壊性が最も強いとされている
  • サンバーン はUV-Bで起こる。紫外線にばく露した数時間後から現れる赤い日焼けのこと
  • サンタンはUV-Aで起こる。赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヵ月続く黒い日焼けのこと
  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*