目の疲れ・痛みの解消~元SEが試して効果のあった方法~

  • LINEで送る
目の疲れ・痛みの解消法

システムエンジニアとして働いていた頃、
長時間パソコンの前でデスクワークをしていると、
視界がぼやけてきて、ピントが合わなくなってくる。
眉間にしわを寄せて、目を細くしてみたりしても、どうもはっきりと見えない。
瞬きを何度しても改善されることはなく、それでも作業をしていると、
目の奥がだんだん痛くなってくる。

そんな目の疲れや痛みに悩んでいた僕ですが、
今では長時間デスクワークをしていても全くこういった症状が出なくなりました。
僕が実際に試した目の疲労感や痛みを解消した方法を紹介します。

なぜイヤなのですか?

 

痛い

目の奥でズーンと重くのしかかるような痛み。あれが痛くてしょうがない。
目を見開いていても、閉じていてもずっと痛みつづけます。
すぐに痛みが引くわけではなく、長時間痛みと付き合わなければなりません。
つい目頭を指で押さえながら、「あ~、痛い」と言ってしまいます。

 

ピントが合わない

目が疲れてくると、ピントが合いにくくなってきて、
デスクワーク中、細かい文字を読まなければならない時は、
怖い顔をして画面を睨み付けるということがよくありました。
それでもなかなかピントが合わず、誤字脱字に気づかなかったりすることが。
時には何を書いてあるのかさっぱりわからないこともあり、イライラします。

 

瞼(まぶた)が痙攣(けいれん)

疲れがピークに達すると、ピクピクッと瞼(まぶた)が痙攣(けいれん)することがあります。
痙攣(けいれん)は片方の瞼(まぶた)だけの時と、両目の瞼(まぶた)の場合も。
短時間で治まる時もあるし、長時間痙攣(けいれん)し続けているときもあります。
急に痙攣(けいれん)し始めるので、ビックリしますし、
痙攣(けいれん)している時のピクピクしているあの感覚が物凄く気持ち悪いです。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

視力の低下

ずっと目が疲れたままの状態でいると、視力の低下を招くことがあるそうです。
視力が低下すれば、裸眼では何も見えず、眼鏡やコンタクトを使用しなければならなくなる。
元々眼鏡やコンタクトを使用していた人は、度数を変えることも。
車の運転も眼鏡・コンタクトを使用することが強制される。
面倒なことが増えるので、これ以上視力は低下してほしくないです。

 

痛む頻度が増す&痛みの程度が酷くなる

たまに痛み出す程度だったのが、次第に毎日痛みが出るように。
更に、痛みの度合いも増して、もう作業どころではなくなってしまうかもしれません。
痛みがひどくて、吐き気やめまいといった症状がでることもあるそうです。
そんなの辛くて僕は嫌です。

 

緑内障になる

疲労が蓄積し、目周辺の血流が悪くなることで、
視神経に影響を及ぼし、緑内障などといった目の病気に発展することがあるそうです。
目の病気になれば、最悪失明という可能性もあります。
映画を見たり、世界遺産に指定されている絶景を見て感動したりすることが
できなくなるし、日常生活にも支障が出るなんて我慢できません。

 

どうなりたいですか?

 

長時間目を酷使しても平気

細かい字で書かれている文章。1文字1文字くっきり見えてスラスラ読める。
誤字や脱字といった細かい異変にもすぐに気付けて、より質の高い文章を提供できる。
1本1時間24本の海外ドラマを一気見してもへっちゃら。
「疲れ?ないない。あともう2、3作見ようか!」というくらいタフな目なら素晴らしい!

 

目の性能UP

遠くのものはよりハッキリと見えるように。
動体視力も上がって、スポーツをするときには相手の動きが遅く感じるぐらいよく見える。
色の識別範囲も拡大し、微妙な色の変化にも気付ける。
そうなれば、更に視覚からの情報を楽しめるようになります。
キレイなものはよりキレイに見えるようになり、それだけ感動すること間違いなし!
一瞬の決定的瞬間もしっかり見れて得した気分に。

 

外部からの刺激に強く、視界をクリアに保ち続けられる

目は紫外線やチリ・埃といった様々な刺激に晒(さら)されています。
目はいつも涙で潤っていて、例えゴミが入ってきてもすぐに洗い流される。
視界はクリアなままでいつでも快適な状態をキープできれば、
その時取り掛かっている作業にも集中しやすくなるし、いい気分でいられます。

 

どうしたら、そうなりますか?

 

仕事柄、どうしても長時間PCの画面や細かい活字で書かれた資料を見ることが多かったので、
目を休める!ということはあまりできませんでした。
それでもできる方法を考えました。

血行を良くする

目を酷使すると、目周辺の筋肉等に疲労が蓄積し、凝り固まったりします。
血行を良くして、凝りをほぐし、疲れが溜まりにくい状態にすることができれば、
症状を改善・解消することができるはずです。

栄養補給

目に必要なビタミンなどの栄養素を摂取することで、目の疲労回復を補助。
栄養素によっては、目の性能を上げ、視力改善に効果があったり、涙の分泌量を増やすと言われているものも。

目の体操

遠近を交互に見たり、眼球を上下左右に動かすことで、
目の筋力が強化されてピントが合いやすくなったり、
視神経が強化されて視力が回復するなどといった効果が期待できるそうです。

 

実際にやってみたことは何ですか?

 

血行を良くする

血中の水分量が不足したり、動物性の脂を多く取りすぎることは、血液をドロドロにして、
血の流れを悪くする要因だと言われています。
そこで、血行を良くするために、血液をドロドロにする要因を排除。
水をよく飲み、動物性の脂を控えるようにしました。
水は1日3~4リットル(水以外は意味がないのでノーカウント)
揚げ物や肉類中心の食事を野菜や発酵食品中心の食事にチェンジしました。

栄養補給

食事だけでは十分な栄養素を取り込むことができないので、栄養補助食品を使用。
食事をするときに一緒に服用しました。

 

効果が出始めたのはやり始めてから数週間後でした。
以前はよく目の疲労感や痛みを感じていた時間帯
「そういえば、程度が軽くなったな…」というのが最初の体感でした。
それから、徐々に疲労感や痛みを感じることがなくなっていき、
今では一切感じなくなりました。
目の疲労感や痛みがなくなったので、かなり快適に過ごせるようになりました!
これからは、目の性能をドンドン上げていこうと思います。

 

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

目の体操

毎日継続してやり続ける自信があまりなくて、避けていました(笑)
体操は短時間で済んで、毎日継続してやりやすいものが良いので、
その条件を満たすものを探し出すところから始めて、
本当に効果があるのかどうか、自分の目で実験してみようと思います。

 

今後の抱負は何ですか?

 

長時間酷使してもへっちゃら。いつでも快適で高性能の目を手に入れるために、
これからも色々実践していきます。
まずは、目の体操を試してみて、本当に機能が向上するのか実験します。
結果は何らかのかたちでお伝えしていきます。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*