食べ過ぎ改善!1日6食→楽に1日2食になった方法

  • LINEで送る
食べ過ぎ改善法

「あー、食べた食べた…ちょっと食いすぎたかも(笑)」

ごはんを食べて満足してから1時間も経たないうちに

グルルルルルー…グー

「もう腹へってきたな…」

すぐに空腹感がやってくる。
空腹感が我慢できず、ついついお菓子やインスタント食品を食べてしまう。
食べても食べてもすぐにお腹がすいてくる。
いつまでも空腹感が付きまとってくる。
ピーク時は、朝食→お菓子→昼食→お菓子→夕食→夜食と1日6食ぐらい食べてました(笑)

そんな食欲旺盛で食べ過ぎていた僕が、今では大体1日2食で済むようになりました。
僕自身の食欲を適正にすることができた2つの方法を紹介します。

なぜイヤなのですか?

 

空腹感でイライラする

食べてもすぐにお腹がすくので、ほとんど1日中空腹感が付きまとってきます。
お腹がグーグー鳴り始めると、更に空腹感が増してきて、
「腹減ったな…何か食べたい…早くランチタイムにならないかな…」
空腹感から解放されたいけど、なかなか解放されないという現状にイライラしてきます。

 

食べた後やってくる敗北感

「今日は食べるの控えてみよう!」と思っていたけど、
空腹感から解放されたい一心でお菓子を食べてしまったときや、
「食べ過ぎないようにしよう!」と思っていたけど、
友人と一緒にご飯を食べている時に、ついつい楽しくて食べ過ぎてしまったとき、
「あぁ、またやってしまった…」と後ろめたい感情・敗北感が湧き上がってきます。
楽しかった食事は楽しいまま終わらせたいのに、最後にやってくるのが負の感情。
この後味の悪さが嫌でたまりません。

 

眠い

食欲に任せて食べた後は大抵頭がボーっとして考えがまとまらず、強烈な眠気が襲ってきます。
何も手につかず、そんな状態で作業をしてもミスのオンパレード。
普段しないようなミスをしまくり、確認してるはずなのに見逃してしまう。
上司に作成した資料の確認依頼をすればこっぴどく怒られる。良いことなんて何もありません。
1日中ズーンと気分が沈みます。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

太る

毎日1日中食べ物を食べていたら、太りそう。
お腹が徐々に出てきて、ベルトを締めると、ベルトの上にドップリと贅肉がはみ出ている。
下を向けば、お腹が邪魔で足元が見えない。
体のラインもグチャグチャに。鏡を見るたびにハァ…と自分の姿に落胆する日々。
そんなことにはなりたくありません。

 

糖尿病になって、食事制限&一生投薬

常に必要以上の糖質や脂質を体内に取り込み続けていれば、
血糖値の制御ができなくなって、糖尿病になる可能性があります。
糖尿病になった場合、食べられる物の種類と量を制限され、食前にインスリン注射。
定期的に指に針を刺して血糖値を計測。それが一生続く。
好きなものを好きなだけ食べることができず、常に薬を携帯&使用。
そんな制限だらけの生活なんて楽しくないだろうし、僕は御免です。

 

癌になる

必要以上に食べ物を食べていると、消化しきれずに腸内で腐ります。
腐敗したものを腸内に貯め続けると腸内環境は悪化。
免疫の7割を担っていると言われている腸の機能が低下すれば、
これまで倒せていた癌細胞を倒せなくなって癌になることも。
高難易度の大手術。手術を無事に乗り越えても、抗がん剤の副作用で頭髪が抜け落ちる。
放射線治療で頻繁に通院。いつまでも薬漬けの毎日。
それだけやっても、最悪の場合、命を落とすことになるかもしれません。
そんなことになるかもしれないとビクビクするのは嫌です。

 

どうなりたいですか?

 

脂肪をエネルギーに変換し続けられている状態

人間は活動する際のエネルギー源として、ブドウ糖と脂肪の2種類を持っています。
ブドウ糖をあまり使用せず、脂肪をエネルギーに変換しやすい体質になれば、
いつでもエネルギッシュな状態でいられます。
エネルギーに満ち溢れていたら、体も軽く感じるだろうし、パフォーマンスもUPできるはず。
それに、太りにくくもなるので、いつまでも理想的な体型を維持することができます。
いつまでもエネルギッシュで理想的な体型を維持することができる体!最高!!
今すぐ欲しいです。

 

適正な食欲

1日1~2食ごはんを食べるだけで十分。2~3日食べない日があってもへっちゃら!
食事のことなんて忘れて、ひたすら目の前の作業に没頭できる。
少しエネルギーを補給しただけで、長時間稼働することができる状態。
そうなれば、これまで消化に費やしていたエネルギーを抑えられて、
余ったエネルギーやお金は自分の好きなことにつぎ込める。
いいこと尽くしで素晴らしい!

 

一生好きなものを食べ飲みできる体

氷がへばりついた冷えたジョッキグラスに注がれたキンキンに冷えたビール。
グツグツと音をたてながら、色とりどりの食材が踊っている鍋。
鉄板上でジュワーっと肉から滲み出た肉汁が蒸発して食欲そそる匂いを発している分厚いステーキ。
有名な料理人が作ったこだわりのコース料理。
目・耳・鼻・口に伝わる様々な感覚を味わって、いつまでも幸せで楽しい感動の一時を満喫していたいです。

 

どうしたら、そうなりますか?

 

食事による血糖値のコントロール

脳は血糖値が下がると、空腹だというサインを発するそうです。
ということは、血糖値を上手くコントロールすることができれば、
空腹感をコントロールすることができそうです。

食後の眠気は低血糖?もしかしたら糖尿病に…によると、
食事により血糖値が急上昇→血糖値を下げようと膵臓がインスリンを過剰分泌→血糖値が急下降→低血糖という流れがあるそうです。
食事をする際、食べるものと順番に気を付けることで血糖値が急上昇・下降するのを防ぐことができるそうなので、
低血糖による空腹感に襲われなくなる効果が期待できます。

ウォーキング

ウォーキングは食欲を抑える!楽々ダイエットができる方法によると、
ウォーキングを実践することで、
満腹中枢を刺激して空腹感を抑えてくれる脳内ホルモンが分泌されたり、
脂肪をエネルギーに変換する際に空腹感を抑える効果のある化学物質が出るそうです。

 

実際にやってみたことは何ですか?

 

食事による血糖値のコントロール

食後の眠気は低血糖?もしかしたら糖尿病に…に書かれている
低血糖を予防する食事の4ヶ条を可能な限り守るように意識しました。
僕個人の体感としては、即効性がありました。
腹持ちが急に良くなって、ビックリ。いつもならお腹がすいてくる時間帯になっても、全然平気。
「これ、食べる?」とお菓子とか勧められても「今はお腹一杯だから後で」と言うようになりました。

ウォーキング

ほぼ毎日、30分~2時間ほどウォーキングは食欲を抑える!楽々ダイエットができる方法に書かれているウォーキングを実践。
しばらく歩き続けていると、頭がスッキリしてくる・空腹感を感じなくなる・テンションが上がってくる等の変化が出てきました。
空腹感だけをピックアップすると、朝食も食べてないのに、昼食の時間になるまでお腹がすかずにもつようになりました。
調子のいい時は、夕方まで何も食べなくても全然お腹がすかないということも。

 

食べて1時間後に空腹感に襲われるということは一切なくなりました。食事も1日1~2食が普通に。
しかし、まだ月に1~2度ほど食事の時間体ではない時に猛烈な空腹感に襲われることが。
まだ、2~3日食事のことなんて忘れて、ひたすら目の前の作業に没頭できる超低燃費体質にはなれていません。

 

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

ウォーキングの回数と時間を増やす

これまでは、二度寝してしまって30分ぐらいしかウォーキングに時間を割けなかったり、
雨が降っているから…とか適当な言い訳をしてサボってしまうことがありました(笑)
ウォーキングは毎日やる方がより効果的で、体質も早く変化するそうです。
ウォーキングの回数と時間を増やすことで、更にホルモンが出やすく、脂肪をエネルギーに変換しやすい体質へ変化するかも。

 

今後の抱負は何ですか?

 

ウォーキングの回数と時間を増やすことで、更に低燃費で常に脂肪をエネルギーに変換し続けられる体質に。
いつも全身からエネルギーが湧き出てきて、いつでも最高のパフォーマンスを発揮できる理想的な体を目指します!

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*