角質層の基本構造と役割~人体の強靭な味方「角質層」~

  • LINEで送る
角質層

手で触れる身近な臓器、皮膚。
皮膚の一番外側「表皮」の中でも、最も外側にある「角質層」。

全身を覆う角質層はとっても強靭で、実は私たちの頼もしい味方なのです!

「お肌」はその「角質層」の存在無くしては語れません!!Σ(・ω・ノ)ノ!
その重要な器官である「角質層」の基本構造についてみていきましょう。

角質層はどこにある?!

皮膚は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からできています。
皮膚の中でも一番外側に位置する表皮。
「肌」とは?肌(皮膚)の基本構造と役割参照)

さらにその表皮の中でも一番外側に位置するのが「角質層」です。

角質層

出典:http://bihada-sensei.com

角質層の基本構造

表皮は約0.2mmの中に30~50層あります。
その表皮の一番外側にある細胞の層が角質層で、扁平状の角質細胞が規則的に隙間なく重なっています。
角質層は、約10層重なっている人体の最も外側にある層の細胞で、健康な角質層には10~30%の水が含まれています。
なんと、その厚さは約0.02mm。だいたい、ラップ1枚分位の厚さしかありません!薄いっ!!( ゚Д゚)

体を包んでいるとっても強力な器官で、人はこれを失うと、水分を保持できなくなって24時間も生きられないそうですw(゚o゚*)w

角質細胞には核が無く、死んだ細胞で、表面から角片(アカ)となって剥がれ落ちます。(ターンオーバー)

角質層

出典:Training-studio“Master Mind”

角質(角質層)の2つの機能

角質には、2つの重要な役割があります。

水分保持機能

角質細胞のアミノ酸は、一度水分を捕まえると、水分を閉じ込めなかなか離しません!
お肌が干からびないのは、角質が水分の蒸発を防いでいるからです∑d(*゚∀゚*)

バリア機能

外部からの刺激や細菌、ほこり、紫外線や化学物質などの異物の侵入を防いでいます。
バリアを張って、ガードマンのように体を守ってくれています。
角質のバリア機能
出典:花王株式会社

まとめ

よく耳にする「角質層」ですが、生命を維持する重要な役割を担っている、重要な器官です。
・・・それにしても、「私たちの人体は、死んだ細胞に守られている」というのも、人体の不思議です。

角質層は手で触れる一番外側の臓器で身近な感じですが、とても大きな役割を担っています。
ラップほどの厚さしかないのに、外部から人体を守る頼もしい身体のガードマン!
そして優れた保湿機能!
私たちのお肌がシットリぷるぷるしているのも、この角質層のおかげなのです!

  • 角質層は人体で一番外側にある細胞の層
  • 角質層は約10層ある
  • 健康な角質層は10~30%の水が含まれている
  • 厚さ約0.02mm(ラップ1枚分くらい)
  • 角質細胞は死んだ細胞で、勝手に剥がれ落ちる(ターンオーバー)
  • 角質層の役割は「水分保持機能」と「バリア機能」
  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*