便秘→下痢→便秘という負の連鎖から抜け出した方法

  • LINEで送る
便秘→下痢の連鎖から抜け出す方法

便が出る頻度は2~3日に1回ぐらい。
排泄したはずなのに、排泄しきれていないような感覚がいつまでも残る。

そんな日々を過ごしていると、

キュルルルルルー!!

自身の都合に関係なく、突如としてやってくる痛みと便意の発作。

「はう!…キター!!」
「あと5分持ってくれ…」
「トイレ…トイレー」

そんな、便秘→下痢→便秘→下痢のループに悩まされていた僕ですが、
今ではそのループから抜け出すことができました!

僕自身がやってみた方法を紹介します。

なぜイヤなのですか?

 

残便感

毎朝便座に座り、排泄する時間を設けているのに中々出ない。
出ても少量。
まだゴツゴツしたものが腸の中を動きまわっていて、
排泄しきれていないことはわかっているのに出ない…
腸の中に便が残っているということがわかるあの感覚が気持ち悪いです。

 

痛みと便意の発作が辛い

ギュルルルルルー!

四六時中関係なくやってくるあの痛みと便意の発作。

高速道路を移動中にその発作が来たときはもう大変!!
次のサービスエリアに到着するまで我慢せざるを得ません。

「サービスエリアはまだか…あと3km…」
「俺の体よ…あと…10分…待ってくれ…」

刻一刻と迫るタイムリミット。お尻に力を入れ、全力で抵抗。

無事サービスエリアについても、トイレまで歩いて行かなくてはならない。
あの短いトイレまでの道のりが険しく感じる。
数々の困難を乗り越えて、ようやくトイレに到着!
「どうやら間に合いそうだ!」と安堵した直後、
「全部…使用中だと…」安堵が絶望と恐怖にかわる。
「早く…空いてくれ…」もはや祈るしかありません。

こんな体験は辛すぎてもう二度と体験したくないです。

 

ガスが溜まる

ゴロゴロ…ギュル…グルグル…
1日中ガスがお腹の中をあちこち行ったり来たり。
プッとか、シューという音を立てて屁として外部へ。
お腹の中をガスが動き回っているあの感覚は気持ち悪いし、屁も臭い!
落ち着くことがありません。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

体臭が排泄物の匂いになる

便秘が続くということは、
37度程の超高温多湿の体内で食べたものがずっと温め続けられているということ。
食べ物をそんな環境に何日もおいていたらまちがいなく腐ります。
腐敗臭の原因となる有害物質が次々と大量発生。
排泄することができずにいつまでも腸内にとどまっている状態が続くと、
有害物質は血中に溶け込み、最終的に汗などで体外に漏れ出します。
腐敗臭の原因となる物質が体外に漏れ出すわけですから、体臭が腐敗臭になってしまいます。
排泄物の匂いがする自分…キモすぎです。絶対なりたくないです。

 

免疫力の低下

体の免疫能力の大半は腸に集中していると言われています。
腸内環境が悪化すれば、
それだけ外部から体内に侵入してきた細菌等に対する抵抗力がおちます。
風邪を引きやすくなったり、花粉症などのアレルギーに悩まされやすくなります。
病弱でいつも鼻はグズグズ。なかなか治らず、すぐに重症化。
そんなの苦痛でしょうがないし、楽しくありません。

 

痔になる

カッチカチの便や下痢により勢いよく一気に排泄されるドロドロの便。
こんなの繰り返していたら便の出口が傷ついてもおかしくありません。
切れ痔・いぼ痔。どちらでもなってしまえば排泄の度に痛みが走ります。
お尻に座薬をぶち込む。四つん這いになって医師にお尻を突き出す。
あまりにも恥ずかしくて僕は耐えられそうにありません。

 

どうなりたいですか?

 

食べたものは翌朝排泄

ピピピピピピー
目覚ましが鳴り、目が覚める。
清々しい朝の時間を堪能していると、決まった時間に便意が訪れる。
前日食べた物の残りカスが便としてすべて排泄され、
朝からスッキリ爽快!!
そんな理想的なサイクルを手に入れられたら最高です!

 

高い免疫力

例え新種のウイルス、腐った食べ物、猛毒等を体内に取り込んでしまったとしてもへっちゃら。
自身の免疫力ですべて無毒のものに変えてしまう。癌細胞だってイチコロ。
いつまでもそんな高い免疫力を持っていたいです。
そうすれば、いつでもエネルギッシュな状態でいられて、最高のパフォーマンスを引き出せるはず。

 

栄養素の吸収効率UP→細胞が活性化

栄養素を体内に取り込んだら、腸からほぼ100パーセント体内に取り込まれ、
血管を伝って人体60兆個と言われている細胞一つ一つに豊富な栄養が行き届く。
栄養を受け取った細胞の一つ一つがイキイキと活性化しはじめて、
体全体からエネルギーがどんどん湧き出てくる!
そういう状態になれば、よりハッピーで楽しいくエネルギッシュな日々を過ごせそう。

 

どうしたら、そうなりますか?

 

水分をよくとる

水分が不足していると、排泄物が腸内に引っかかりやすくなり、
便としてスムーズに体外に出ていきにくくなるそうです。
水分をよく補給すれば、排泄物が腸内に引っかかりにくくなり、
便としてスムーズに体外にでていけるように。
便秘の改善・解消が期待できそうです。

食物繊維が多く含まれているものを食べる

食物繊維も水分と同様、排泄物を腸内をスムーズに移動させて排泄する効果があると言われています。
野菜など食物繊維が含まれるものを食べるようにすれば、便秘が解消されるかも。

微生物を取り込む

乳酸菌・ビフィズス菌といわれている腸内環境を整えてくれる微生物を取り込むことで、
腸が正常に働くようにします。

食事をする時間を人体のサイクルに合わせる

消化・吸収・排泄の3つの作業には、最も活発になる時間帯があるそうです。
その時間帯に合わせて食事をするようにすれば、腸の状態が良くなり、
便秘→下痢の負の連鎖から抜け出せるかもしれません。

食べ合わせに気を付ける

穀物・肉・野菜・果物には正しい食べ合わせと間違った食べ合わせがあります。
食べ合わせ次第では消化効率が落ち、消化に膨大な時間を要するそうです。
場合によっては、消化されずに体内で腐っていくことも。
消化に負荷のかからない正しい食べ合わせをすることで、
食べたものは短時間で消化→吸収→排泄できるようになり、
翌朝には排泄できるようになるかもしれません。

 

実際にやってみたことは何ですか?

 

水分をよくとる

1日あたり、3~4リットルの水を飲むようにしました。
※コーヒー・お茶・ジュース・お酒などは含めません。

食物繊維が多く含まれているものを食べる

肉・炭水化物メインの食事から、野菜や果物メインの食事に変えました。

微生物を取り込む

よくある「腸まで届く」というやつです。
胃酸などの消化液にやられず、しっかり腸までとどいて働いてくれることが
科学的に証明されているものを取るようにしました。

食事をする時間を人体のサイクルに合わせる

夜間は特に、人体のサイクルに合わせることができない時もあります。
それでも、守れる時はしっかりと守るように意識しました。

食べ合わせに気を付ける

正しい食べ合わせを100パーセント守れているわけではありません。
僕だって、間違った食べ合わせとわかっていても、無性に食べたくなるときだってあります。
でも、できるだけ間違った食べ合わせをしないように。守れるときはしっかり守るように意識しています。

 

体感としては、結構即効性がありました。
2~3日に1回のペースが1~2日に1回になり、今では毎日便を排泄できるようになりました。
便が毎日出るので、残便感もなくなってきて、お腹もスッキリです。
便秘が大分改善されたので、下痢をすることもなくなり、
便秘→下痢の負の連鎖から抜け出すことができました!
負の連鎖から抜け出せたとはいっても、
毎日同じ時間に健康的な長さ・太さの便が出る!というわけではなく、
理想的な状態とは言えません。

 

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

腸内洗浄

腸壁にこびりついているものを一度きれいさっぱり洗い流して、
腸内環境を悪化させる原因となるものを排除。
そこに腸内環境を整える微生物を住まわせることができれば
敵がいないので、腸の性能がアップするのではないか?と思いました。
わざわざ病院に行かずとも、自分でできる
ソルト・ウォーター・バッシング(Salt Water Bathing)
という方法があるようなので、試してみたいと思います。

 

今後の抱負は何ですか?

 

食べたものは毎朝決まった時間に排泄。
栄養素は無駄なく吸収し、体中全ての細胞に行きわたることで、
細胞一つ一つがよりエネルギッシュで元気な状態に!
そんな理想的なサイクルを生み出すことができる腸を手に入れて、
方法を皆さんにお伝えします。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*