頭皮脂の改善!かゆみとベタつきを抑える方法

  • LINEで送る
頭皮脂改善(かゆみ・ベタつき)

毎日シャンプーをして清潔にしているはずなのに、
頭皮は脂でテカテカとひかり、触ると手がヌルっとベタつく。
次第にかゆくなってきて、頭皮を掻き毟りたい衝動に駆られる。

そんな問題だらけの頭皮の持ち主である僕ですが、
今ではかゆみは一切なくなり、若干ベタつく程度まで改善することができました。

どうやって頭皮脂を改善することができたのか?

僕自身が実際にやって効果のあった方法を紹介します。

なぜイヤなのですか?

 

かゆい

なぜか頭がやたらかゆくなって、掻き毟りたくなることがあります。
我慢しているときも、「かゆいなー…」とイライラします。
頭皮を掻き毟った後、一時はかゆみも収まるんですが、
またすぐにかゆみがやってきます。
頭を掻き毟りすぎると、頭皮は傷ついて痛みも伴います。
髪の毛も抜けます。負の連鎖がとまりません!

 

ベトベトして気持ち悪い

頭皮に触れると、指と頭皮の間にギトギトした脂の層があることが手の感覚でわかります。
ヌルヌルしていて、あの感触が気持ち悪いです。
頭皮に触れた指先は頭皮脂でテカテカと光っていて、手洗いしないとなかなか落ちません。
手洗いせず、そのままの状態で触ったものは脂まみれになってしまいます。

 

不衛生

頭皮に脂の膜があって、ギトギト・テカテカしている。
頭皮脂が固まってフケとなり、肩や襟に降り積もっている。

満員電車など人が密集する空間で
そんな状態の頭皮が目の前にやってきたら…
僕は間違いなく、「汚っ!オェッ!!こっちに来るなよ!!!」
と拒否反応を示します。見たくもありません。

自分自身の頭皮がそんな状態だと思うと、不快でなりません。
頭皮をはがして取り換える!なんてことはできないので、
何とかして状態を改善するしかありません。

 

そのままにしておくと、どうなりますか?

 

湿疹ができてかゆさ倍増

頭皮の環境が悪化すると、ポチポチと赤い湿疹ができることがあるそうです。
そうなれば、頭皮のかゆさは倍増!
我慢することができずに人前でも頭皮を掻き毟る。
常にかゆみが収まらず、ムズムズしていて集中することもできない。
いつもイライラしっぱなし。
そんな頭皮にはなりたくありません。

 

頭が臭い

皮膚の表面に分泌された脂は、細菌に分解されることで匂いを発するそうです。
僕自身臭い人には近づきたくないです。
満員電車などで悪臭を放つ頭が目の前に来ると、

「臭い…頼む!これ以上近づかないでくれ…次の駅で降りてくれ…」

と祈りつつ息を止めるほどです。
自分自身が悪臭の発生源になってしまったら逃げることもできないし、
悪臭被害の加害者側になるなんて、絶対に嫌です。

 

ハゲる

毛穴に脂や汚れが詰まりやすい状態のままでいると、
脱毛の恐れがあるそうです。
徐々に生え際が上がっていって、顔と頭皮の区別がつかなくなる…
頭頂部の毛が薄くなって、最終的にバーコードに…
僕個人としては何としてでも避けたい事態です!

 

どうなりたいですか?

 

清潔感のある快適な頭皮

誰が見ても清潔感のある頭皮。
色も良く、血行がいいことがわかる。
マッサージやシャンプーをした後はスッキリ爽快!
頭も軽くなった感じがして、感覚が研ぎ澄まされる。
そんな状態になれば、自然といいアイデアが湧き出てきて、
よりクリエイティブで楽しい日々を送れそう!

 

刺激に強い頭皮

直射日光や風雨、温度や湿度といった気象変化。
ワックスなどの整髪料やシャンプー・リンスといったもの。
頭皮は常に様々な刺激をうけています。
そんなあらゆる刺激にさらされてもなんのその。
いつも理想的な状態を保つことができる頭皮が手に入れば最高!
ストレスフリーで清々しい日々が送れそうです。

 

髪の毛にとっても最高の環境

外部からのあらゆる刺激から毛根を守り、
毛の一本一本に豊富な栄養素を送り込むことができる。
ゴミもすぐに清掃されて髪の毛にとっては快適そのもの。
そんな環境を用意することができれば、
いつまでもコシのある健康的な髪の毛が生え続けてくるはず。
「お!今日も調子いいな!」と気分も上がります♪

 

どうしたら、そうなりますか?

 

食べるものを変更

動物性の脂を多く摂取していることが頭皮脂の分泌量を増やす原因の一つと考えられています。
肉や揚げ物といったものを食べる量を減らすことで、動物性脂の摂取量を抑える。
そうすることで、皮脂の分泌量を抑えられて、頭皮がベトベトしなくなるかもしれません。

 

水をよく飲む

頭皮が乾燥しやすい状態だと、頭皮の乾燥を防ごうとして、
頭皮脂を過剰に分泌してしまうことがあるそうです。
水分をよく補給して、体の内側から保湿ケアをすれば、
頭皮が乾燥しにくくなり、結果として皮脂脂の分泌を抑えられるかもしれません。

 

シャンプー・リンスの変更

頭皮脂は落としすぎると、頭皮を乾燥させる原因になるそうです。
シャンプーやリンスの種類によっては、
必要以上に頭皮脂を落としてしまうものがあり、
頭皮が乾燥しやすくなる→乾燥を防ぐために頭皮脂を過剰に分泌。
という連鎖を起こしてしまうようです。
頭皮脂をほどよく落とし、保湿効果もあるシャンプー・リンスに
変更することで、連鎖を止めることができるかもしれません。

 

実際にやってみたことは何ですか?

 

食べるものを変更

外食やレトルト食品、肉や炭水化物中心の食生活だったのを、
野菜や果物、発酵食品中心の食生活に変更。

水をよく飲む

1日3~4リットルの水を飲むようにしました。
※お茶・コーヒー・ジュース・お酒など水以外の飲み物は、飲んでも意味がないので除きます。

 

これら2つの方法を続けることで、頭皮のベタつきが徐々にマシになっていきました。
以前は朝シャンをしても昼過ぎには頭皮がベタつきだしてイライラしていたのですが、
今では昼過ぎになっても清々しく過ごせています。
それでも夕方になれば、若干頭皮がベタつくことがあります。

 

さらにどんなことをやってみたいですか?

 

シャンプー・リンスの変更

これまで「洗った後、髪の毛がキシキシしなきゃいいか。」
というぐらいの判断基準で適当にシャンプー・リンスを選んでいました(笑)
頭皮脂をほどよく落とし、頭皮や髪の毛の保湿効果を期待できるシャンプー・リンスに変更すれば、
頭皮の乾燥をさらに抑えることができ、頭皮脂の過剰な分泌を抑える効果が期待できます。

 

今後の抱負は何ですか?

 

しっかり頭皮のケアをすることで、
清潔感があり、血行も良く、毛の一本一本にまで十分に栄養が行き届く最高の環境を整備。
頭皮脂の分泌を抑えることで、頭皮のベタつき&かゆみをキレイさっぱり解消!
いつまでも快適に過ごせる頭皮を目指します。

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*