オプティマルヘルス(Optimal Health)とは?

  • LINEで送る
オプティマルヘルス

最近よく聞く「オプティマルヘルス」という言葉。
耳にしたことはあるけれど、
「ところで、どういう意味??」
と、首をかしげてしまう人も少なくないようです。

しかし、私たちがこれからの人生を生きていく上で、実は、
この「オプティマルヘルス」という考え方はとても重要です。

多くの人は、「健康」とは何なのか?
良く分からないままに、様々な情報に振り回され、
健康になりたくてもなかなかなれずにいたり、より不健康になっています。

こんなに情報が溢れているのだから健康になりたかったらすぐにでもなれそうなのに・・・
なぜなのでしょう?

「健康に対する考え方」無くして「健康」は手に入らない!

例えば、自分や周りの人の会話で、こんなことはありませんか?

「最近便秘気味なんだ~」→「じゃあ、○○っていう便秘薬がいいらしいよ」
「最近太っちゃって~」→「○○ダイエットっていうのがおススメ~」

よくある会話です。
でも、ほとんどの場合は一時的に改善がみられたとしても
結局は元に戻ってしまいますし、改善しても完治しません。

この場合、どんなに健康を追い求めても、
結局は「健康に生きる」というライフスタイルは手に入らない場合がほとんどです。

 

この例で分かる通り、「とりあえず」手段に走ってしまうと、
「健康の土台となる部分」がないままになってしまうのです。

これでは、基礎工事もしていないのに柱を立てるようなものです。
そんな建て方をしても家は建ちませんし、もし建ってもすぐに崩壊してしまうでしょう。

健康に対しても同じです。

「健康の土台となる部分」というのは、「健康に対する考え方」のことです。
生涯健康に生きていくためには、「健康に対する考え方」をしっかり身に付ける必要があります。

オプティマルヘルス(optimal health)とは?

「健康」の考え方は人それぞれですが、

「多少毎日ダルくてもいい!未病だろうが、病院で病気と診断されなければOK。そんな生涯をぜひ送りたい!!」
という人はいないでしょう。

誰もが、
「いつまでも元気でイキイキして、心も体も充実して常に満たされている状態がいい!!そんな生涯をぜひ送りたい!!」
と思っています。

その望んだ状態を一番表現しているのが、「オプティマルヘルス」です。

では、いったいこの「オプティマルヘルス」とは何なのでしょうか?

オプティマルヘルスの意味

まずは、「optimal(オプティマル)」と「health(ヘルス)」を調べてみましょう。

  • 「optimal(オプティマル)」:「最上の」「最適の」「最適な」「最善の」
  • 「health(ヘルス)」:「心身の健康」「心身の健康状態」

ということは、「最上の・最善の健康状態」ということになります。

オプティマルヘルスの考え方

「オプティマルヘルス(optimal health」とは、
「最上の・最善の健康状態」のこと。

そして「健康」とは、
「心と体、そして自分を取り巻く環境全てをホリスティックにとらえ、自身にとって最高の状態を創り出すこと。最上のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の状態」のこと。(健康とは?!~人生を楽しむために最も必要な考え方~参照)

オプティマルヘルスとは、
「常に心も体も環境も、全てが自身にとって最上で最善の状態であること」
なのです。

考え方がライフスタイルを創り上げる

例えば35歳の場合、
35歳でのオプティマルヘルスを実現していると、こんな感じでしょうか。

ツヤツヤ、イキイキ、エネルギッシュで、いつもパワーあふれてる!
どんなに仕事が忙しくても、疲れを感じさせずにいつも笑顔!!

素敵です!!
本人もいつも充実感があることでしょう。
他人から見ても、とても好感がありそうです。

では逆に、オプティマルヘルスを知ってか知らずか、
いつもダルそうで常に体調不良を訴えている状態はどうでしょうか?こんな感じでしょうか。

冬になってちょっと気温が下がると「何だか風邪ひいちゃって~」とか「セキが出て~」という状態。
そして夏になると「冷房にあたり過ぎたのか、何だか風邪気味で~」とか「のどが痛くて~」という状態。
そして顔を合わせると「なんか花粉症で~」「なんか最近肌の調子が~」と言っている状態。

どちらの人生がいいでしょうか??

この例えは、あくまで未病レベルでイメージしましたが、
前者と後者では、50歳になった時、60歳になった時、それ以降・・・
どんな違いが出てくると思いますか?

この時ですでにかなりの違いがありますが、数年後、数十年後となると、全く違ったこの二人の生涯を簡単に想像できます。

どの「健康」を選択しますか?

「健康」に対しては様々な考え方があり、
色々な情報が飛び交っています。

どんな考え方でも選べるし、
選んだら、そのライフスタイルを手に入れることができます。

先ほどの例で言えば、間違いなく誰もが前者を選ぶでしょう。

私も間違いなく「オプティマルヘルス」という考え方を選び、
「常に心も体も環境も、全てが自身にとって最上で最善の状態である」
というライフスタイルを送りたいと思っています。
あなたはどんな考え方を選び、生涯どんなライフスタイルを送りたいですか?

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*