食事からみる24時間周期3つのサイクル

  • LINEで送る
食事からみる3つのサイクル

人間は、食べ物を食べると(補給)、その一部を吸収し(同化)、使わない部分を捨てる(排泄)という作業を繰り返しています。

補給・同化・排泄の3つの作業はどんな時でもある程度は行われています。でも一日のうちでそれぞれ最も活発になる時間帯があります。

  • 補給:正午~午後八時
  • 同化:午後八時~午前四時
  • 排泄:午前四時~正午

それぞれについて解説した後、活用法をみていきます。このサイクルを知り、体を健康に、エネルギーあふれる生活をおくるために活用してください!!!

補給のサイクル

補給のサイクル

正午~午後八時までのサイクルです。この時間帯は主に体が必要な食べ物と栄養を取り入れることに集中しています。食べることと食べたものの分解に力を入れています。

同化のサイクル

同化のサイクル

午後八時~午前四時までのサイクルです。この時間帯は、体が日中に摂取した食べ物から栄養を吸収し活用することに集中しています。食べたものを体に同化させようとしています。

排泄のサイクル

排泄のサイクル

午前四時~正午までのサイクルです。この時間帯は体内の老廃物と食物カスの排泄に集中しています。体内の毒素を外に出そうとしています。

体に取り入れた食べ物は同化するか排除するかのどちらかです。同化しなかったものは排除しなければいけません。

排泄物を処理するには、非常に多くのエネルギーが必要になります。排泄するためのエネルギーがないと、排泄物は体内に残ってしまいます。

食べ物のカスは腸内にくっついてしまいます。これが原因でくさい体臭、くさいオナラ、便秘、肌荒れになったりします。

細胞からの老廃物は脂肪の中に残ってしまいます。老廃物を含む脂肪は運動してもなかなか落ちません。肥満の原因となります。

こういったことを防ぐには、排泄のサイクルを適切に機能させる必要があります。そのためにもこの時間帯は体に排泄以外の余計な負荷をかけないことです。

活用法

体を健康に保つにはこの3つのサイクルの時間帯に合った食べ方をするということです。

このサイクルはあくまでその作業が活発に効率的になる時間帯です。どんな時間帯であろうが、食べ物を食べると、補給が始まります。同化サイクルの時間帯に食べても補給は始まります。排泄サイクルの時間帯に食べても補給は始まります。

つまり「食べる」という行為がトリガーになり、
補給→同化→排泄
とサイクルが進んでいきます。ですので、このサイクルを活用するのは、このトリガー(食べる)時間を自分でコントロールするということになります。

補給の時間帯(12:00~20:00)に食べるのは問題ありません。

同化の時間帯(20:00~4:00)に食べると、本来、体は栄養を吸収しようとしているのに、補給にもエネルギーをあてないといけません。すると同化にエネルギーがまわらず十分に栄養を吸収できなくなるかもしれません。

排泄の時間帯(4:00~12:00)に食べると、体は排泄しようとしているのに補給にエネルギーをあてないといけなくなります。すると排泄のエネルギーが足りなくなり、老廃物を体の外に出せなくなってしまいます。

以上のことから
食べるのは正午~午後八時。午後八時~翌正午は食べない。
というのがサイクルを活用した食べ方になります。

午後八時~翌正午の時間帯に、どうしてもお腹がへって仕方がない場合は、フルーツ(生の果物)を食べるようにしてください。フルーツは補給にほとんどエネルギーを使わない食べ物です。

参考:フィット・フォー・ライフ

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*