健康寿命と平均寿命~「健康」=「長寿」ではない!~

  • LINEで送る

日本人は、「私は健康」だという思い込みがあります。
世界的に見ても平均寿命はトップ。
でも、「平均寿命が長い」=「健康」ではありません。
寿命が長くても、健康に生命を全うできるとは限らないのです。

「健康寿命」という言葉を耳にしたことはありますか?
「平均寿命」という言葉はよく耳にすると思いますが、「健康寿命」という言葉を耳にしたことがある人は、まだまだ少ないようです。

私たちが生涯、心も体も元気に過ごすためには、「健康寿命」について知る必要があります。
人生の質を上げ、元気に楽しく生涯過ごすために必要な、「健康寿命」について理解を深めましょう。

平均寿命とは?

「健康寿命」の前に、「平均寿命」について知っておく必要があります。
まずは、意外と知らない平均寿命の定義について確認しておきましょう。

実は平均寿命の算出方法は意外に複雑です。
複雑なので詳しい計算式の説明は省きますが・・・(笑)

定義を簡単に言うと
「平均寿命」=「生まれた時の平均余命」
です。
主に、0歳の人の平均余命のことをいいます。

「“寿命”の“平均”でしょ?!」
「亡くなった人100人の年齢を100で割った数じゃないの?!」
と思いがちですが、違います。

「今年発表された平均寿命は85歳だから、あと25年生きられるわぁ」
というのは間違いです。
あくまで平均寿命は「発表されたその年に誕生した人」の平均余命(期待値)のことです。

例えば
昭和55年(女性)の平均寿命は、78.76歳。
平成26年(女性)の平均寿命は、86.83歳。

だから平成26年生まれの人が35歳の時は
「あと51~52年生きられるわ~」
となりますが、

昭和55年生まれの人が35歳の時は、
「あと43~44年生きられるわ~」となります。

あまりの数字の違いに驚きます!!

ちなみに平成26年は、男の平均寿命は80.50年、女の平均寿命は86.83年。
日本は毎年、前年よりも高くなっています。

平均寿命の推移
出典:平均寿命の推移(内閣府)

健康寿命とは?

平均寿命について、なんとなくお分かりいただけましたか?

健康寿命の算出方法も複雑です。
複雑なので詳しい計算式の説明は省きますが・・・(笑)

厚生労働省の定義では
「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」
とされています。

簡単に言うと
「他人の力を借りなくても日常生活で支援や介護を必要としない、自分の力で生活できる期間」
ということ。

例えば、
ご飯を食べる、お風呂に入る、トイレに行く、着替える、移動する、などの日常生活が自分の意志でできる状態を表します。

厚生労働省は健康寿命を
2010年:男性70.42歳、女性73.62歳、
2013年:男性71.19歳、女性74.21歳
だったと公表しました。

平均寿命と健康寿命の差

さて、もうお分かりの通り、平均寿命と健康寿命の期間には、当然差があります。

平均寿命が
「0歳時から何年生きられるかの期待値(平均余命)」
「生きている期間」
のことだとすると、

健康寿命は
「介護や他人の支援を必要としない、自分の意志で生活できる期間」
「心も体も元気に生きられる期間」
のこととなるので、

この差は、
「心身ともに、または心か体が不健康な期間」
ということになります。

式にするとこうなります。
「生きている期間」-「心も体も元気に生きられる期間」=「心身ともに、または心か体が不健康な期間」

ちなみに平均寿命と健康寿命の差は、平成22年で、男性9.13年、女性12.68年。

健康寿命と平均寿命の差

現状だと、多くの方が平均して10年前後も
「心身ともに、または心か体が不健康な期間」
を過ごすことになます。

平均寿命は年々伸びています。
健康寿命との差が拡大すると、病気に苦しむ人が増えるだけでなく、
医療費や介護給付費の多くを消費する期間が増えることになります。

健康寿命と平均寿命の推移

 

一人一人が病気を予防し、より健康になったり、生涯健康のまま生きることによって、
平均寿命と健康寿命の差をもっともっと縮めることができれば、
一人一人の生活の質の低下を防ぐことや社会保障負担の軽減ができます。

 

2011年(平成23年)から厚生労働省では、国民の生活習慣を改善し、健康寿命を延ばすために
「Smart Life Project」(スマート ライフ プロジェクト)を実施しています。

でも、まだまだ多くの人が「健康寿命」という言葉すら認識していないようです。
生涯健康に過ごすためにも、一人一人が「自分の健康寿命を延ばす」という気持ちをもち、
「人生の質」・「生活の質」・「命の質」を上げるような活動をしていきましょう。

 

≪参考資料(厚生労働省より)≫
・平成 26 年簡易生命表について
・主な年齢の平均余命
・平均余命の年次推移

  • LINEで送る

健康になるための3つの習慣 | 無料小冊子プレゼント中

  • やせたい!
  • キレイになりたい!
  • 体力をつけたい!
  • もっと健康になりたい!
  • 死ぬまで元気でいたい!

メルマガで紹介している3つの習慣を実践すると、あなたの健康レベルがどんどん高まります。そして、より豊かに、より楽しい人生を送ることができます!

「健康になるための3つの習慣」小冊子(PDFダウンロード版)もプレゼント中!

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. あなたの寿命を計算します より:

    寿命に関する質問にチェックするだけで簡単にあなたの寿命を計算します。遺伝や生活習慣の寿命への関連性は?寿命を伸ばすには何をすればよいのか?

    http://life.webjpn.net/

コメントを残す

*